フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

キリアン:フォービドゥン ゲームズ

KILIAN

FORBIDDEN GAMES(2012年)

調香師:カリス・ベッカー

おすすめ度:★★★★☆

f:id:captain_dora:20210614133916j:plain

 (公式HPより)

 

キリアン・ヘネシーが創り出す香りの世界観。その大きな特徴は、トップのキャラクター付けの上手さではないだろうか。
一嗅ぎすると、一瞬で嗅覚が掴まれる、、、そんな香りが多い。特にフルーティに一ひねりあって、一度嗅ぐと忘れられない余韻を残す。

そして、このフォービドゥン ゲームズ(禁じられた遊び)も、やはりトップのフルーティにキリアンの世界観が凝縮されている。調香師はカリス・ベッカー。

 

そのトップ。

スプレーするとキーの高い方から、爽やかなグリーンアップル、甘酸っぱいプラム、みずみずしいピーチの甘さの香りの三重奏。そこにシナモンがほどよい癖を与えたフルーティ-スパイシーの香り。甘ったるさ、安っぽさがなく、複雑なのにみずみずしく、もっといえば冷たさすら感じさせる、透き通るような本当に素晴らしいフルーティノートだと思う。

 

ミドルはフルーティ・フローラル。

トップの香り立ちが崩れることなく、薄まっていく印象。

そして、奥から艶っぽいローズ、透明感のあるゼラニウムが奥行きを与える。そこから、ジャスミンとバニラを合わせた、女性らしい甘さのあるフローラルが存在感を増していくものの、主旋律はみずみずしいピーチとグリーンアップルの芯のような酸味だ。

 

ベースはハニー・アンバー。

フルーティフローラルの酸味と透明感が調和することで、少しピオニーのような可愛らしい雰囲気を感じる。さらにとろけるようなハニーや、そしてパウダリーなバニラムスクの強い甘さ。時おり、オポポナックスの樹脂的な酸味も強く感じる。最後は酸味と甘さを、ムスクやウッディアンバーが力強くも、まろやかに包み込んだような香りになっていく。

 

持続時間はフルーティが強く感じられるのは2時間くらい、グルマンを主体とした香りが5時間くらい。

 

フルーティがみずみずしく香り、そして甘さも強めのため、春に似合うだと思う。
だたし、個人的には甘い香りが欲しくなる冬、甘さだけではなく、カラフルなみずみずしさに浸りたいときに手を伸ばしてしまう。

 

全体的な骨格をみてみると、

①ピーチとゼラニウムを合わせた透明感のある甘さ

②アップルの芯やプラムやローズの少し酸味の強い青っぽい甘さ

③ジャスミンとバニラやハニーの女性らしい甘さ

④ベース部分のウッディアンバー

で構成されている。

こうして見ると、とても甘いフルーティスイートな香りだ。

ところが実際に肌に合わせてみても、確かに甘さはあるものの、みずみずしさや酸味も効いているため、甘さに沈んでいかない。

 

フォービドゥン ゲームズの香りの説明をみると、
「フルーツとスパイス、そしてフラワーとアンバー、そこに禁じられた果実と称されるネクターを加えたコンポジション。陰りを帯びた、この香りは五感を魅了し、刺激し、虜にします」とある。

おそらく、この桃にゼラニウムを合わせることで、非常にみずみずしく透明感溢れる、禁断の桃に仕立てたのではないだろうか。

 

このフォービドゥン ゲームズはエデンの園からインスパイアされた「イン ザ ガーデン オブ グッド アンド イーブル(善悪の庭)」コレクションの一作にあたる。

エデンの園で善悪の樹の実を食べたイブ(フォービドゥン ゲームズ)は、ついに禁断の扉を開けて新しい世界へその一歩を踏み出す(バットガール ゴーンバット)。そして悪魔との遊びに浸っていくのだ(プレイング ウィズ ザ デビル)。

 

香り、ストーリー、デザイン。その全てがキリアンらしい世界観で演出されたコレクションだと感じる。