フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

トムフォード:ネロリ ポルトフィーノ

TOM FORD BEAUTY

NEROLI PORTOFINO(2011年)

調香師:ロドリゴ・フローレンス・ルー

おすすめ度:★★★★☆

f:id:captain_dora:20210623181320j:plain
f:id:captain_dora:20210623181333j:plain

(公式HPより)

 

常に新しい香りをトレンドを創り出しているトム・フォード。

そして彼は再定義の天才でもあると思う。クラシカルなシトラスコロンも彼の魔法にかかれば、このネロリ ポルトフィーノのように生まれ変わる。

さらにネロリ ポルトフィーノは、聞いただけでイメージが膨らむネーミング、見惚れてしまうような美しいボトルの色、そしてそのネーミングとボトルに絶妙にマッチした香り。

個人的にネロリの香りは、フローラルのなかでももっとも好きな香りだ。シトラスのような爽やかさや明るさと、フローラルの華やかさを併せ持っていて、かいでいて飽きない。

そんなネロリを冠名に、イタリアの避暑地リビエラ地方ポルトフィーノをイメージしたネーミングと、さらにまるでポルトフィーノの海岸を彷彿させるようなコバルトグリーンのボトルに心が踊らされる。この時点でトム・フォードの術中にはまっていると思う。

 

そんなネロリ ポルトフィーノの香りは、

トップはシトラス・ハーバル。

かなりビターなシトラスと、硬いラベンダーやローズマリーの合わせたの香り。特にローズマリーの硬さがハーバルよりもメタリックグリーンに香るため、入浴剤のイメージに近い。


ミドルはフローラル・グリーン。

ビターなシトラスグリーンを残しながら、こちらもグリーンの雑味の強いオレンジフラワーや、ハーバルなラバンジンが香ってくる。トップからここまではカチッとした硬い印象のが強く、メンズフレグランスの骨格だと感じる。

そこから、少しずつ硬さが落ち着いてくると、ようやくジャスミンとネロリの柔らかいフローラルの香りになる。このジャスミンやネロリが、今までの硬さや雑味から手の平を返したかのように透明な香りで、文句のつけようがないほど気持ちが良い。さらに肌に乗せた時は、ネロリよりも、ジャスミンが少し前に出るため、かなりレディースらしく感じる。


ベースはアンバー・ムスキー。

透明感溢れるネロリやジャスミンが減退してくると、オレンジフラワーのビターな残香に、アンバーの甘さと、軽めのセダーウッドとムスクが香りながらドライダウンしていく。

 

持続時間はトップやミドルの比重厚めで、ベースは淡い香りなため、3時間程度と短め。このプライベートコレクションはレイヤリング(重ね付け)推奨のシリーズのため、あえてトップミドルに寄せて調香したのではと思われる。

 

客観的に見ると、トムフォードのネロリポルトフィーノは、名前負けしている。なぜなら、ネロリ感よりも、オレンジフラワー感が勝っているのだから。美しいネロリを音色を期待すると、正直、肩透かしをくらうかもしれない。

しかし、ネロリよりも苦みの強いオレンジフラワーを前に出し、そのオレンジフラワーのグリーン部分を素直にペチグレンにせずに、あえてクラシカルなメンズフレグランスのようなハーバルや、メタリックグリーンに装飾することで、ラグジュアリーな入浴剤のような香りに仕上げている(我ながら術中にはまっている)。

そして、クラシカルなメンズシトラスコロンの硬さを目立たせておく一方で、その裏に美しいネロリやジャスミンを忍ばせておく。

ギャップのある、この硬いグリーンと輝くようなネロリの組み合わせが、ギャップ真夏の炎天下でなんともいえぬ爽やかさを与えてくれる。クセになるような中毒性の高い香りだと思う。