フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

メゾン クリスチャン ディオール:テ カシミア

DIOR

MAISON CHRISTIAN DIOR THE CACHEMIRE

調香師:フランソワ・デュマシー

おすすめ度:★★★☆☆

f:id:captain_dora:20210628111942j:plain

(公式HPより)

 

2017年10月、表参道を含めて世界3店舗からスタートした「メゾン クリスチャン ディオール」。

このメゾン クリスチャン ディオールは、それ以前のディオールの最高級ラインの「ラ コレクシオン プリヴェ」から移行された11作と別に、新たに追加された10作のなかの1つにあたる。

テ カシミア(カシミアティの意)について、フランソワ・デュマシーは、

これはカシミアのセーターのようにやわらかく贅沢なコンポジションです。ほんのりスモーキーに香るパワフルかつ繊細なホワイトティーが、マテのニュアンスが添えられたローズの香りに染み渡ります。テ カシミアは、白い花々のように鮮やかに輝き、コンポジションに調合されたムスクのように、心地良さで包み込むフレグランスです。

ととても分かりにくく説明している。

 

ではいったいどういう香りかと言うと、

トップはシトラス・グリーン。

爽快なレモンの香りから、みずみずしいベルガモット、さらにはペチグレンのグリーンが加わることで、ティのような渋みが出てくる。黄色から緑色に移り変わっていく、その一連の流れがとても美しい、レモンティのような幕開け。

 

ミドルはグリーン・フローラル。

爽やかなシトラスと、少しスモーキーなティの香り。ネロリのイメージに近い明るいフローラルが眩しい。ティの香りはさらに渋みが増していくと思いきや、この明るいフローラルに引っ張られるようにグリーンが立っていくため、ややメタリックなグリーンの強いティの香りに。

紅茶の甘さや渋みよりも、爽やかなフローラルグリーンが勝っているようなイメージ。

 

ベースはウッディ・ムスキー。

ティの酸味とメタリックグリーンがやや鼻に付くが、その奥からティの深みもしっかり香ってくる。最後はグリーンや酸味、さらにローズのようなフローラルをほんのり香らせながら、ウッディムスキーがティを柔らかく薄めるようにドライダウンしていく。

 

ティの深みはそれほどなく、またベースのウッディムスクも淡いため、全体的に軽い香りだと感じる。持続時間は4時間程度。

 

シトラスやグリーンが強めのティノートであり、グリーンが少しキンキンしているため、高温多湿な梅雨から真夏にかけて活躍する。

嗜好の良い、とても明るいシトラスティの香りのため、この金属質なグリーンノートが気にならないのであれば、とても使いやすい香りだと感じる。

 

このテ カシミアに、さらにフローラルの輝きを与え、よりティに深みを加えることで玄人向けにした香りがゲランの傑作ネロリ ウートル ノワで、もしテ カシミアが気に入ったのならば、そちらもぜひおすすめしたい香りだ。