フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

シャネル:アリュール オム スポーツ コローニュ

・CHANEL

・ALLURE HOMME SPORT COLOGNE(2007年)

・調香師:ジャック・ポルジュ

・おすすめ度:★★★★☆

f:id:captain_dora:20210712174508j:plain
f:id:captain_dora:20210712174700j:plain

(公式HPより)

 

このアリュール オム スポーツ コローニュとは付き合いが長い。かれこれ10年くらい使い続けている香りで、今でも時々まといたくなる。

そして、弾けるようなメンズシトラスの爽快感がありながらも、どこか化粧品を思わせるようなおしゃれな雰囲気がある。個人的には、このフレグランスを使い始めた頃から、少しずつユニセックスな香りに目覚めていった、とても思い出深い香りの一つ。

 

トップはシトラス。

弾けるようなフレッシュなレモンを中心に、オレンジの甘さ、グレープフルーツの清々しさ、ベルガモットのみずみずしさを重ねたトラスミックスの香り。スプレーした瞬間、爽快感に包まれる。そこにアルデヒドのパウダリーな印象を添えることで、爽快感にふんわりとした清潔感を合わせたようなシトラスにまとめられている。

 

ミドルはシトラス・グリーン。

トップのシトラスミックスに、ネロリ、針葉樹のような硬いグリーン、エレミの酸味を加えることで、トップの爽快なシトラスの余韻がしばらく続いていく。その背後に、アルデヒドやピンクペッパーを置くことで、清潔なパウダリーな香りが漂い、女性的にも感じる瞬間がある。

 

ベースはウッディ・ムスキー。

ミドルからのグリーンや酸味、さらにはブラックペッパーで、シトラスっぽいナチュラルなキャラクターを残しつつ、ソーピーなウッディ・ムスクでアクセントを付けたような香り。ウッディムスクを淡めにして、スパイシーや酸味の方をしっかり効かせることで、安易なソープ調にまとまらなっていない点が良いと思う。

 

全体的には爽快なシトラスがずっと続くような香り立ちが、3~4時間持続する。

 

梅雨から夏にかけての朝、シャワーを浴びた後に、上半身に2プッシュすると、まずジメジメした暑さを吹き飛ばすようなフレッシュな風が吹く。さらにグリーンやスパイスで、シトラスをエネルギッシュに演出しながら、清潔なパウダリー感で脇を固めることで、現代的で都会的なイメージも付与してくれる。シトラスコロンではなく、シトラスのフレグランスだと感じる。

 

私はメンズのスポーツと名の付く香り、具体的にはシトラスやマリンに、ウッディや甘さを加えたような香りが大の苦手だ。スポーツらしさを感じるどころか、香りに酔ってしまう。

そんな中で、このアリュール オム スポーツ コローニュは、今後もずっと使い続けるであろう、唯一のスポーツフレグランス。