フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ミラー ハリス:ルミエール ドーレ

MILLER HARRIS

LUMIERE DOREE(2016年)

調香師:マチュー・ナルダン

おすすめ度:★★★☆☆

f:id:captain_dora:20210819180902j:plain

画像出典:公式HP

 

ルミエール(光)ドーレ(金色)はその名のとおり、朝、太陽の光が黄金色に染まり、ゴールドのオーラがあなたを包み込み、あなたを外に連れ出し一日の始まりを後押ししてくれるような香り。そしてあなた自身のセンスと溶け合う感覚を楽しむような香りとのこと。

 

トップはシトラス・グリーン。

まずスプレーすると、ベルガモットとオレンジのとても清々しい朝の香りが訪れる。みずみずしいオレンジの甘さが気持ちよい。それも束の間、一気にビター感の増したオレンジとプチグレンが香り、良くいえばとてもナチュラル、悪くいえばビター過ぎて苦い香りが鼻を差す。ピラミッドではオレンジビガラードとあり、確かにオレンジの皮を煮詰めたソースのように苦味の強いオレンジの香り。

 

ミドルはフローラル・ウッディ。

ビターオレンジとペチグレンの苦味の強いオレンジの残香に、さらにベースから来るドライアンバーやウッディーの香りが重ねることで、さらに苦味を増して沈んでいく。入れ替わるようにネロリとウォータリーなジャスミンサンバックが軽やかに香る。香調を見ると、ここでもモロッコ産ネロリビガラードとあり、ネロリとウッディアンバーを合わせたような香りに感じる。

 

ベースはアンバー・ムスキー。

ネロリなどコクのあるホワイトフローラルの残香に、ドライアンバーなど少しスパイシーな暗いウッディと、ムスクの香り。

 

太陽の光のような明るいシトラスネロリの香りが2時間くらい、その後はウッディを含んだビターネロリが6時間くらい持続する。

 

ネロリが主役の、春から夏にかけて似合う香りだと思いつつ、春だと少しビター過ぎるため、夏の方がこのビター感が、太陽の光によって肌がじりじりと焦がされるシーンに重なるのかもしれないのではと思い直す。

 

ミラーハリスのコンセプトは、人の肌をキャンパスに見たてつくられたため、肌に香水をまとって初めて香りが完成するとしている。通常、特に天然香料が多いほど、ムエットでの香りが、実際に肌に合わせたときに再現されないケースが多い。

ルミエールドーレも、ムエットでかいでみるとビガラードの苦味やウッディアンバーが強すぎるようにも感じるが、実際に肌に重ねてみると、驚くくらいネロリとサンバックジャスミンのフローラルノートがキレイに香り立つ。手首など鼻に近く、肌が露出する場所だと、まだビガラード感やウッディアンバーが鼻に付くため、ウエストより下につけるのがおすすめだと思う。

 

シトラスネロリと、シトラスオレンジフラワーの狭い三遊間を隙間をギリギリ狙ったようなニッチな香り。とはいえ、このカテゴリーは強敵も多く、なかなか出番が少なくなってしまう。

 

尚、朝の太陽の光をイメージしたルミエールドーレに対して、夜の影をイメージしたエチュイノワールを同時発売されている。