フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ゲラン:アクア アレゴリア グラナダ サルヴィア

GUERLAIN

AQUA ALLEGORIA GRANADA SALVIA(2020年)

調香師:ティエリー・ワッサー

おすすめ度:★★★☆☆

 

f:id:captain_dora:20210917150034j:plain
f:id:captain_dora:20210917150047j:plain

画像出典:公式HP

アクアアレゴリアのグラナダサルビアは、眩しい太陽光に溢れるスペイン南部のアンダルシア地方の、アルハンブラ宮殿をはじめ、涼しげな噴水や清閑な中庭、果樹園を有するグラナダの庭園を舞台に、散策を楽しみながら、ザクロの甘い果汁と、そのパリッとした食感を味わうひと時を描いた香り。

カラフルな明るさや、フレッシュで軽く、嗜好の良い香りが多いアクアアレゴリアのなかで、このグラナダサルビアはハーバルグリーン、アロマティック、ウッディがしっかり主張してくる、とても個性的な立ち位置だと思う。

 

トップはシトラス・グリーン。

スプレーすると、フレッシュなレモン、グリーンな果皮感が強いベルガモットと、アロマティックなカシスが香ってくる。

 

ミドルはフルーティ・アロマティック。

ベルガモットのグリーンを残しながら、パステルカラーの赤イメージのザクロのフルーティの甘さや酸味を、カシスが引き締めているような香り。さらにセージのアロマティック感やローズの酸味が、軽やかな雰囲気を演出していく一方で、奥の方からサイプレスのハーバルウッディが力強く香ってくる。

 

ベースはウッディ・ムスク。

アロマティックに包まれたザクロの甘酸っぱさや、ハーバルグリーン残香に、アーシーなオークモスやパチョリの淡いメンズのような香りを、ムスクがやわらかさを与えながらドライダウンしていく。

 

骨格にサイプレスやパチョリを効かせた、レッドイメージのフレッシュフルーティの香り。引き締まった明るいザクロが1時間強香った後は、少しずつハーバルウッディを加えながら、3〜4時間持続する。

 

ザクロを思わせる甘酸っぱさがしっかり感じられる香りで、個人的にはまだ暖かさのある9~10月がもっとも似合い、また、フルーティらしい明るさや、ハーバルなグリーンもしっかり香るため、春でも使えるのではと思う。

 

過去、アクアアレゴリアは定番が5種類のみで、熾烈な定番争いを繰り広げていた。それが現在では、美しい世界中の庭園をテーマに12種類まで広げられている。このグラナダサルビアの、少しメンズ的なアロマティック感の強いフルーティな香りが残ってくれればと思う。