フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

トムフォード:グレイ ベチバー

TOM FORD

GRAY VETIVER EAU DE PARFUM(2009年)

調香師:ハリー・フレモント

おすすめ度:★★★☆☆

f:id:captain_dora:20210922133004j:plain

画像出典:公式HP

 

トムフォードのグレイベチバー。これほどビジネスシーンに似合うベチバーの香りはそうそうないのではと感じている。

プライベートブランドに多くみられる、あのラグジュエリー感を全面に出した重厚な香りとは異なる、ビジネスシーンにビシッと決まる汎用性の高い香り。

終始ウッディでありながらも、ラグジュアリー感や、男っぽい色気を抑えた、クールでスタイリッシュな香りで、手元に置いておいて損はしないフレグランスだと思う。男性のビジネスシーンで使うのであれば、このグレイベチバーとボーデジュールはおすすめしたい香り。

 

トップはシトラス・アロマティック。

スプレーすると、フレッシュなグレープフルーツがパッと香り立ち、その奥からベチバーの軽い部分がフワッと包み込むような、男らしいシトラスアロマティックの香り。

 

ミドルはアロマティック・ウッディ。

男性的なアロマティックなシトラスを残しながら、ベチバーのウッディ感が強くなっていく。そしてセージがそのアロマティック感を補強しているような香り。ナツメグやピメントが男らしいキレや、オレンジフラワーの明るさが、アロマティックなウッディの色彩を鮮やかにしているような香り。

1時間くらい経つと、オレンジフラワーやピメントが香るその奥で、次第に存在感を増したアイリスの土のような硬さとベチバーと重なることで、ややもすると粘土の匂い?と感じてしまうくらい、一気にグレイ色のベチバーの香りになる。ここまでが2~3時間くらい。

 

ベースはウッディ・アーシー。

パウダリーな深みのあるアイリスとドライなセダーウッドに、オークモスがアロマティックともアーシーとも取れるアクセントを与える。そして少しずつアンバーのやわらかさを感じながらドライダウンしていく。

 

グレープフルーツとアロマティックなベチバーの組み合わせが1時間くらいで、アイリスを加えたグレイベチバーの香りは4~5時間持続する。

 

あまり季節を問わない香り。とはいえ、時間が経つにつれてモノトーンなウッディの香りになるため、秋(10~11月)に良く使う香りだと思う。晩夏の夜にも使いたくなる。冬だともう少しウッディの厚みが欲しくなり、春だともう少し色合いが欲しくなる。

 

灰色のベチバーという名前なので、香りの流れを色で例えるならば、、、
まず、明るい黄色から始まり、少しずつベチバーのブラウンのイメージが加わることでオレンジ色の香りに変わり、そこから一気に暗くなってグレイに、最後はダークグレイへと移り変わるようなイメージ。

 

キリッとしたシトラス、男らしいアロマティック、颯爽としたウッディの三位一体が揃った、とにかくバランス感覚の長けた香り。特に30代には似合う香りだと思うし、昔は良く手を伸ばした。

ところが歳を重ねていくと、もう少し深みが欲しくなったため、スーツスタイルをよりクールに演出したい時は、同じトムフォードであれば、ウードウッドを選ぶようになった。さらに春夏であっても、ウードウッドにネロリポルトフィーノあたりを重ね合わせると、爽やかさと深みが調和するため、卒業までは至っていないものの、グレイベチバーを使う機会は減っていく一方だ。