フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

トムフォード:タバコ バニラ

TOM FORD

TOBACCO VANILLE(2007年)

調香師:オリビエ・ギロティン

おすすめ度:★★★★★

f:id:captain_dora:20211006180525j:plain
f:id:captain_dora:20211006180536j:plain

画像出典:公式HP

 

私にとってのトムフォード不動のツートップは、夏のネロリポルトフィーノと、冬のタバコバニラ。

このタバコバニラは憧れの香りだ。

すいもあまいも知り尽くした、芳醇な男性の匂い。こういう匂いが似合う男になりたいと願ってしまうくらい、究極の男性の香り。

 

そして名前が素晴らしい。タバコバニラという名前のフレグランスがあると初めて知ったとき、無条件に格好良い香りに違いないと感じたことを憶えている。

 

トップはスパイシー・フルーティ。

スプレーすると、ブラックペッパー、カルダモン、シナモンリーフなどのスパイシーノートがツンと鼻を刺激する。同時に、ドライフルーツの甘さや酸味が香ることで、芳醇な洋酒を思わせるようなオープニング。

この攻撃的でありながらも、みずみずしくもまろやかな甘さに引き込まれていく。

 

ミドルはバルサミック・ウッディ。

鼻先はトップの酸味のあるスパイシーノートをしっかり残しつつ、奥からビターなタバコアコードが香ってくる。さらにはカカオ、バニラやトンカビーンズの柔らかく深みのある甘さをタバコを包み込んでいく。この苦みや甘さや深みが複雑に絡んだ、渋くセクシーな香り。

キーの高いスパイシーな酸味と重厚なタバコやカカオの組み合わせが、言われてみればイギリスの紳士クラブを思わせるような硬派な世界観を醸し出しつつも、それに負けないくらい、とろけるような色気も発してくるのだから、いつかいでも魅せられる。

バランスでいうと、バルサミックな甘さと、ビターなタバコの香りが5:5のイメージ。

 

ベースはウッディ・バルサミック。

スパイシーが減退し、ビターなタバコアコードとベチバーが深みがはっきりしてくる。ベチバーと重なることでタバコのドライ感が増し、よりタバコの葉の香りに近い。その上を、乾いたバニラ、熟したドライフルーツ、なめらかなトンカビーンの甘さがフワッと漂っている。バルサミックとウッディのバランスは3:7のイメージ。

最後までその世界観を崩さずに、ドライダウンしていく。

 

タバコのビターな深みとバニラの甘さが拮抗した香りが4~5時間くらい、徐々に香ばしいウッディをまとったタバコの渋みを深めながら、8時間以上しっかり持続する。

 

香りを見てみると、スパイシー、タバコ、ウッディのすっきりとした重厚な渋さと、ドライフルーツ、バニラの甘さが交錯する、秋から冬の乾燥した季節の夜にこれほど色気のある二枚目男性の香りはないかもしれない。

 

逆に色気が強すぎて、なかなか出番がない。

今では、タバコバニラの香り以上に、こういう香りをまとえるようなシチュエーションに憧れている。

 

まさに「女性が身につけない限り、何から何まで完全に男性的」なタバコバニラは、女性にも人気があるという。女性がこの香りを纏うとどんな雰囲気になるのだろうか。

もし女性からこの香りがしたら、きっと憧れるのだろう。

 

私たちは、若い頃、タバコを吸う姿に憧れた最後の世代かもしれない。昔は、映画もドラマも音楽もタバコを吸うシーンで溢れていた。タバコこそが大人の男性の象徴だった。もちろん、タバコを吸うこと自体が格好良いことではない。

タバコバニラの香りも同じで、付けることが格好良いわけでない。この香りの似合う所作振る舞い、ファッションなどが備わってこそ、憧れていた存在に近づく。

 

何かに憧れること、それは成長機会であり、新たな扉を開けるチャンスでもある。タバコバニラの香りは、いつでもそう語りかけてくる。