フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ディプティック:オーローズ

DIPTYQUE

EAU ROSE(2012年)

調香師:不明

おすすめ度:★★★☆☆

 

f:id:captain_dora:20211008105058p:plain
f:id:captain_dora:20211008105105j:plain

画像出典:公式HP

 

オーローズ(ローズ水)の名前にぴったりな、フレッシュで軽やかなローズのコロン。春先から夏、さらには秋にかけて、爽やかで嫌味のないこの香りは、活躍の機会が多い。

勝手に、ディプティックといえば、スパイシー(特にシナモン)をガツンと効かせたクセの強い香りが多いイメージを持っていた。しかし、実際に店頭で見てみるとそんなことはなくて、ほぼシングルノートに近い、コロンのような香りも多くあって、オーローズはその代表格といえる。

 

トップはフルーティ・ローズ。

スプレーすると、まるでローズウォーターを思わせる軽やかなローズの香り。少し遅れて、ライチのフルーティな甘さと酸味、そこにカシスグリーンやベルガモットのアロマティックな香りが、全体にみずみずしさを与える。特に透き通るようなトップが好きで、トップをかぎたくてスプレーすることが多い。

 

ミドルはアロマティック・ローズ。

トップの甘酸っぱさを残しながら、ゼラニウムローズのアロマティックなフローラルが前に出てくるような印象。このフレッシュなアロマティックなローズは、ナチュラル感がうまく演出していて気持ちがいい。そこからローズの甘さが増すが、それ以上にソープの粉っぽさも出てしまうのが惜しい。安っぽく感じてしまうから。

 

ベースはウッディー・ムスキー。

フルーティなローズの残香に、ムスクとセダーウッドを合わせた、まさにローズ調石鹸の香りになり、そのままドライダウンしていく。

 

フレッシュで可愛らしく、清潔で嗜好の良いローズ香り。それでいてアロマティックな雰囲気もあるため、男性目線でも使いやすいローズの香りだと感じる。

 

それでも厳しい見方をすれば「オー ローズは本物のバラのような香りを目指しました」というわりに、ローズオイルのような芳醇なローズ感はかなり物足りない。むしろローズウォーターに、フルーティやアロマティックを合わせることで、嗜好が良くさらに天然調の香りに仕上げたような、まさにオーローズというネーミングを地で行った香りだと思う。

アロマティックなローズの良い香りは1時間も持たず、ベースのローズソープの香りも3時間程度で、全体的に淡い。

 

とはいえ、みずみずしく清潔な香りなので、フレグランスとして肌に合わせるよりも、ファブリックミストに近い感覚で、服のままスプレーした場所をくぐるような使い方や、部屋を換気させる時の風にこのローズを乗せることで、部屋中にトップのみずみずしいローズが行き渡るような楽しみ方が気に入っている。