フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

セルジュ・ルタンス:フェミニテ ドゥ ボア

SERGE LUTANCE

FEMINITE DU BOIS(2009年)

調香師:クリストファー・シェルドレク

おすすめ度:★★★☆☆

 

f:id:captain_dora:20211101173905j:plain
f:id:captain_dora:20211101173911j:plain

画像:公式HPより

 

セルジュ・ルタンスのフェミニテドゥボア「木のフェミニン」は、女性に向けたウッディの香りを表現した初めての香りとされる。

それもウッディのなかでもメンズ色の強いセダーウッド、さらにスパイシーの香りを軸にして。

 

そして公式HPの内容も誇らしげだ。

木の香りの中にある女性的な面を見出したことにより、 この香りは革命を起こし、そして伝説となった。 他の何にも変えがたい唯一の個性。 セルジュ・ルタンスが発見し、紡ぎだした香りの神話。

 

トップはスパイシー・フルーティ。

スプレーすると、シナモンやジンジャーなど、スパイシーな香りをしっかり香らせながら、プラムやピーチの甘酸っぱいフルーティを重ねた香り。いつかいでも一瞬で嗅覚を掴んでくるような、素晴らしいトップだと思う。少し時間差で、湿ったクローブやクミンと包まれたドライなセダーウッドがうっすら漂う。

 

ミドルはスパイシー・フローラル。

プラムやピーチの甘さを残したまま、シナモンに囲まれたローズがツンと鼻を刺し、さらに官能的なイランイランのフローラル感が増していく。そこにクローブやジンジャーの辛さを添えた香り。

このスパイシーとイランイランの組み合わせが斬新で、イランイランの甘さやみずみずしさが映える。さらにほんのり香るフルーティが可憐で小生意気。

奥からはピリッとスパイス感の効いたセダーウッドも香ってくる。

 

ベースはウッディ。

シナモンやクローブ、イランイランやローズの香りが収まってくると、トップからその存在を漂わせていたセダーウッドの残り香と、ビターなサンダルウッドが前に出てくるようなイメージ。セダーは暗く籠った印象だ。

そんなビターで籠ったウッディに、バニラやベンゾインの甘さが加わることで、インセンスぽくも感じる。とはいえ暗いウッディノートに負けないくらい、シナモンやプラムの香りも残っているため、強引に明るくしている印象を受ける。そんな複雑なウッディを香らせながらドライダウンしていく。

 

甘辛いスパイシーを効かせたフルーティフローラルに、ウッディを漂わせた香りが2時間くらい、そんなフローラルに甘さを添えた重厚なウッディの香りになり、最終的に4~5時間する。

 

秋から冬に似合う香り。クセのある甘辛さが冷たい空気になじみ、ビターなウッディの厚みやフルーティな甘さが暖かく寄り添ってくれる。

 

主張の強いウッディスパイシーな香り。正直、好き嫌いが分かれる香りだと思う。

ビター&ドライなウッディに埃っぽいスパイシーを合わせた男性的な側面と、フルーティフローラルな女性らしい側面、その中間に甘辛いシナモンを置くことで見事に融合させた香り。結果、確かに女性らしいウッディの世界が創られている。

このパンチの効いたシナモン、そして埃っぽいクローブが嫌いでなければ、唯一無二のスパイシーウッディに映るかもしれない。

 

個人的には、このクローブとセダーウッドの組み合わせが好みではなく、さらに肌に合わせるとこの苦手な部分がはっきり出てしまう。そのため「女性が似合うウッディ」ではなく、「女装したようなウッディ」のような香りになってしまうため、使うことに躊躇する。

と考えると、やはりこのフェミニテドゥボアは名前のとおり、女性にこそ似合う木の香りなのかもしれない。