フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ラルチザン:シャッセ オ パピオン

L’ARTISAN PARFUMEUR

LA CHASSE AUX PAPILLONS(1999年)

調香師:アン・フリッポ

おすすめ度:★★★☆☆

f:id:captain_dora:20220314163937j:plain

画像:公式HP

 

ラルチザンの代表作シャッセ オ パピオンは、南仏の春、幼い日々、太陽が降りそそぐ空の下、ちょうちょうを追って迷い込んだ花壇をイメージしたフレッシュフローラルブーケの香り。

最初から最後まで軽やかでみずみずしいフローラルを楽しみながら、随所でまるで精油のようなナチュラルな味わいも垣間見える、とてもユニークな作品。

 

トップはシトラス・フローラル。

スプレーすると、レモンやライムの爽やかさと果皮のオイリー感が混在した香りから、コクの強いチュベローズのフローラルがツンと鼻を刺す。ライムの果皮の油みや少しメロン調に包まれたチュベローズの香りは、ライムブロッサムという表現がとても似合う。

 

ミドルはホワイトフローラル。

鼻先はそのフレッシュなライムブロッサムの香らせつつも、チュベローズの官能的な刺激が強くなってくる。さらにスパイシーなオレンジフラワー、ジャスミンの甘さも加わり、さながらホワイトフローラルの三重奏の様相に。そんなじゃじゃ馬娘たちを爽やかなライムや、みずみずしいメロンがフレグランスとしてまとめているような香り。

 

ベースはフローラル。

少しずつ、オレンジフラワーのグリーンスパイシーな部分や、ジャスミンのアニマリックの部分がはっきりと見えてくる。まるでホワイトフローラルの精油のような香りを、淡いムスクやウォータリーなメロンで整えながら、ドライダウンしていく。

 

シトラスのグリーンに包まれたホワイトフローラルブーケの香りが2時間弱、そのままフローラルの精油調を色濃くしていきながら、全体では3~4時間持続する。

 

春風のような涼し気なライムと、水滴のようなフルーティ(メロン)に包まれた白い花々。チュベローズやジャスミンやオレンジフラワーがみずみずしく咲き誇り、その若々しさがとても春っぽい。

 

和名は「ちょうちょうをつかまえて」。きっと、ちょうちょうはフレグランスの香りには惹かれないのでは。シャッセオパピオンはチュベローズなどのアブソリュートの面影を色濃く残している。そのアブソリュートに含まれるスパイシー、フルーティ、グリーン、バルサミック、アニマリックなどの雑味がとてもナチュラルな反面、後半はその精油の崩れたような印象までもが残されているため、もう少しフレグランスらしく仕上げても良かったのではとも感じる。