フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの変化を解析するサイト

キリアン:バック トゥ ブラック

KILIAN BACK TO BLACK -aphrodisiac(2009年) 調香師:カリス・ベッカー おすすめ度:★★★★☆ 画像:公式HP バック トゥ ブラックは、ルーヴルノワール(愛が描く甘い誘惑の世界)コレクションとして2009年に発売された(現在はスモークのファミリー)。 暗闇…

シャネル:ベージュ パルファム

CAHNEL BEIGE PARFUM(2014年) 調香師:ジャック・ポルジュ おすすめ度:★★★★★ 画像:公式HP ベージュ色について、ココ・シャネルはこう述べている。 ベージュに安心感を覚えるのは、それが自然な色だから なぜジャック・ポルジュはベージュ色が持つ「安心…

ル ラボ:ミルラ 55

LELABO MYRRHE 55(2023年) 調香師:不明 おすすめ度:★★☆☆☆ 画像:公式HP ミルラ55について、公式HPを読むと「ダークでエレクトリック、古くて、新しい。 まさに上海のような存在」と、非常に分かりにくいコメントを出している。一体どんな香りなのだろう…

ルイ・ヴィトン:パシフィック チル

LOUIS VUITTUN PACIFIC CHILL(2023年) 調香師:ジャック・キャヴァリエ 評価:★★★★☆ 画像:公式HP すっかり定着してきたルイ・ヴィトンの夏の風物詩パルファン ド コローニュ。2023年に発売されたパシフィックチルは、その7作目にあたる。 そして個人的に…

キリアン:キャント ストップ ラビング ユー

KILIAN CAN'T STOP LOVING YOU(2023年) 調香師:アルベルト・モリヤス おすすめ度:★★★★☆ 画像:公式HP ナーコティックからの久しぶりの新作キャント ストップ ラビング ユーは、おさえきれない感情をハニーとオレンジフラワーに託した香り。 トップはフレ…

ルイ・ヴィトン:スぺル オン ユー

LOUIS VUITTON SPELL ON YOU(2021年) 調香師:ジャック・キャヴァリエ おすすめ度:★★★★☆ 画像:公式HP スペルオンユーは、ローズデヴァン(2016年)、アトラップレーヴ(2018年)に続く、ヴィトンフレグランスの新しいアイコン。 それは、あなたに魔法を…

2022年に書いたお気に入りレビュー5選

これが2022年90本目の記事。 2021年6月にブログを立ち上げて以降、アットコスメからの引っ越し記事や、立ち上げ当初の勢いもあり、加えてコロナ禍で人に会えない、売り場に行けないという鬱憤を晴らすかように記事を量産した結果、約7か月間で195本書いた。…

2022年にメンバー入りした香り5選+

フレグランスを選ぶ時、あたりまえだけどかなり吟味する。 予算も使用する場面も置くスペースも有限だから、その場の勢いで決めることはできるかぎり避けたい(避けられない時も多々あり)。 香りの完成度はどうか、似たような香りを持っていないか、肌に乗…

キリアン:フラワー オブ イモータリティ

KILIAN FLOWER OF IMMORTALITY(2013年) 調香師:カリス・ベッカー おすすめ度:★★★★☆ 画像:公式HP フラワー オブ イモータリティ。直訳すると不老不死の花。 元々はアジアン テイルズ コレクションとして発表され、現在はフレッシュ ファミリーとして青ボ…

エラケイ:ギブリ

ELLA K GHIBLI(2022年) ※限定品 調香師:ソニア・コンスタン おすすめ度:★★★★☆ 画像:公式HP サロンドパルファン2022で限定発売された、エラケイのレザーコレクションからの作品。 今回のコレクションはソニア・コンスタンが50日間にわたって家族と共に旅…

男性が魅せられたバニラの香り7選

以前はバニラの甘い香りが苦手だった。 苦手のいうのは、肌に乗せると甘い香りが立ちすぎて、その甘さに酔ってしまうから。香りそのものは好きでも嫌いでもなかった。 ところが、フレグランスの旅を始め、多くの香りと出会っていく過程で、徐々にその固定観…

キリアン:ローズ ウード

KILIAN ROSE OUD(2010年、2022年復刻) 調香師:カリス・ベッカー おすすめ度:★★★★☆ 画像:公式HP ローズウードは元々、アラビアンナイト コレクションとして2010年に発表された(日本未発売)。今回、ブランド15周年を記念して、セイクレッドウッドととも…

ルイ・ヴィトン:オリエンタル・パフューム

オリエンタル パフュームについて オンブレ ノマド(2018年) レ サーブル ローズ(2019年) ニュイ ド フ(2020年) ピュア ウード(2021年) フルール デュ デゼール(2022年) オリエンタル パフュームについて ヴィトンのオリエンタル パフューム コレク…

ピュアディスタンス:M V2Q

PUREDISTANCE M V2Q(2022年) 調香師:アントワーヌ・リー おすすめ度:★★★★☆ ピュアディスタンスの最新作「M V2Q」。 元々「M」というショーン・コネリーからインスパイアされた作品があったが、IFRA規制のため、一部のオイルが使用できなくなった。そこで…