フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

トムフォード:ジャスミン ルージュ

TOM FORD

JASMIN ROUGE(2011年)

調香師:ロドリゴ・ローレンス・ルー

おすすめ度:★★★★☆

f:id:captain_dora:20210908181853j:plain
f:id:captain_dora:20210908181939j:plain

画像出典:公式HP

 

素晴らしいジャスミンの香り。

なぜなら、いわゆるフレグランス向けにキレイに加工されたジャスミンでなく、ジャスミンのアブソリュートをそのままフレグランスとして整えたような香りだから。

 

そして惜しい香り。

なぜなら、ジャスミン ルージュという想像ふくらむネーミング、艶やかな真紅のボトルのわりに、ひねりのないジャスミンそのままの香りだから。

 

トップはスパイシー・フローラル。

スプレーした瞬間、カルダモンやジンジャー、さらにはブラックペッパーの強いスパイシーが鼻を刺すものの、ベルガモットやオレンジ、さらにはシナモンの甘さで香りがまとまっていく。奥からは濃厚なジャスミンの香りが漂ってくる。

 

ミドルはフローラル。

いよいよジャスミンが妖艶さを増すかと思いきや、思ったよりも透明で軽やかなジャスミンサンバックの香り。むしろ、ジャスミンの奥から香るイランイランやオレンジフラワーの方が妖艶に映る。

このフローラルはとても不思議で、妖艶な印象を醸し出しながら、一方でシナモンやクラリーセージが軽やかな印象を与えている。とてもバランス感覚の長けたフローラルの香りだと思う。

 

ベースはフローラル・ウッディ。

インドールなどホワイトフローラルのコクと、やや動物的な湿気のあるレザリーウッディの香りに。奥からバニラやラブダナムのバルサミックな甘さが加わることで、ジャスミン アブソリュートのコクのある甘いと重なる。

意外にこのベースは拡散せずに肌に溶け込むように、ドライダウンしていく。

 

トップからミドルは強いフローラルスパイシーな香りが拡散するが、ベースのジャスミンの残香は穏やかで、静かに肌になじんでいく。スパイシーなジャスミンが1時間くらい広がっていき、徐々に穏やかになりながら、6時間近く持続する。

 

かなり忠実にジャスミンを再現した香りで、あまり季節を問わない。春、夏、秋のジャスミンが楽しめると思う。

 

プライベートコレクションはレイヤリング(重ね付け)推奨のシリーズであるにもかわらず、このジャスミンルージュでは推奨されていないようだ。

 

それもそのはず、ジャスミンのあの官能的で華やかな香りは、コクのあるフローラルを中心に、フルーティ、スパイシー、バルサミック、アニマリックなどさまざまな香りが合わさっていて、花の王様と呼ばれている。ジャスミンの香りそのものがまさにフレグランスなのだ。

当然、ジャスミンの香りをそのままフレグランスとして整えたジャスミンルージュには、他の香りは全て邪魔で、レイヤリングを拒絶する。

ジャスミンルージュは、ドレスアップした最後の仕上げに真っ赤なルージュを塗るような、孤高の香り。