フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ザ ディファレント カンパニー:ピュア イヴ

THE DIFFERENT COMPANY

PURE EVE(2011年)

調香師:セリーヌ・エレナ

おすすめ度:★★★☆☆

 

f:id:captain_dora:20220112095756j:plain
f:id:captain_dora:20220112095805j:plain

画像:公式HP

 

ピュアイヴは気取らず、心地よいフレッシュさ、シンプルさをテーマにした香り。

それはシンプルなドレスのようにソフトでエレガントで、性別を問わず誰にでも毎日使えるような、ピュアな人肌。まるで最高級のムスク、コットンをミックスしたシルクの肌触りを表現した香りとしている。

 
トップはアルデヒド・フルーティ。
スプレーすると、フルーティのみずみずしくも籠った甘さと、それに包まれたアルデヒドの香り。糊付けしたような清潔感と、透き通るようなみずみずしさを合わせたオープニング。
 
ミドルはフローラル・アーモンド。
鼻先ではみずみずしい甘さを立たせつつ、その背後から硬いフローラルが存在感を増してくる。ピラミッドを見るとリネンフラワーとあり、なるほどリネンを思わせる硬いミュゲジャスミンの香り。
そこから少しずつ、ジャスミンの酸味や、アーモンドをローストさせた焦げ感が鼻に付くものの、それらをウォータリーなミモザがみずみずしく清潔にまとめた香りに。
 
ベースはグルマン・ムスキー。
硬くみずみずしいミモザやジャスミンを立たせたまま、底の方はアーモンドミルクような香ばしくもクリーミーない甘さやムスクが、柔らかくなめらかに仕立てていく。
さらに奥から、グルマン甘さが増してくる。ピラミッドにはカリソン(プロヴァンス産のアーモンドに、フルーツの砂糖漬けやオレンジ花の水などを入れて、菱形にして焼いたお菓子)とあり、鼻に抜けていくようなアーモンドと、砂糖のような白い甘さを、最後はパウダリーなムスクやセダーウッドで包み込みながらドライダウンしていく。
 
前半の透明感溢れる、みずみずしいフローラルフルーティの香りは2時間くらいで、そこからアーモンドの甘さを加えたムスクの香りが5~6時間持続する。
 
ピュアイヴは、冬に似合う香りだと思う。特に寒い雪の日の凛とした空気の冷たさ、透明感、雪の白さと、それに負けない肌の熱。寒い空気のなかで頬が火照る。その頬を思わせる温もりや甘さを感じる香り。むしろ赤ちゃんの頬の匂いのイメージに近いかもしれない。
 
最初、このピュアイヴをかいだ時、リネンのような清潔感、シルクのような肌触りを形成するフローラルの香り方がとてもケミカル的で、圧倒的に高級感の欠ける香りだと思っていた。
 
ところが大気が冷えるほどに、アーモンドミルクやカリソンの甘さが、まるで人肌のように、安心感を与えてくれる。
でもこの人肌の温もりは、例えばローリングインラブのように、ベッドの中で戯れる官能的な肌の匂いではなく、服を着こんだときの肌の香りのイメージで、暖かいけれど、リネンのような清潔感が共存している。
 
そう、まさしくピュアなイヴ(前夜)の香り。
 
それでも時折、アーモンドを焦がした甘さがどこか汗のようで、官能的にも感じ取れる瞬間がある。
一瞬、もしや?と思った矢先に、どんどんパウダリーな白い甘さに変化することで、やはり本番は明日だと、たぐり寄せようと動かした手を、どこか不自然にそっとポケットに戻してしまうような、どこまでもピュアな香り。