フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ルイ・ヴィトン:リマンシテ

LOUIS VUITTON

L'IMMENSITÉ(2018年)

調香師:ジャック・キャヴァリエ

おすすめ度:★★★☆☆

 

f:id:captain_dora:20210628100302j:plain
f:id:captain_dora:20210628100322j:plain

(公式HPより)

 

2018年、ルイ ヴィトンからメンズフレグランス5作品が一挙に登場した。

リマンシテはその1番目の作品にあたる。

新たな人生のスタートを待つ真っ白なページのような、まだ見ぬ世界への約束を感じさせる香り。旅の途中、空に向かって伸びる、終わりのない水平線を前にした時の胸の高鳴りや爽快感からインスピレーションを得た、無限の内なる旅を想わせるような香りとのこと。

 

そして私は勝手に、このリマンシテはキャプテンアメリカの香りだと思っている。

キャプテンアメリカは、正義感の強いアメリカ人の青年が、超人血清によりスーパーソルジャーへ生まれ変わった、マーベルで最初のヒーロー。ザ ファースト アベンチャー。このキャプテンアメリカのイメージに近いのではと感じる。

 
f:id:captain_dora:20210629143642j:image

(我が家の住人キャップ)

 

トップはシトラス・スパイシー。

男らしいフレッシュな苦みを効かせたグレープフルーツと、硬質なジンジャーの香り。さらにピンクペッパーのようなピリッとした刺激も感じる。

特にこのジンジャーオイルは非常に存在感のある香りで、フレッシュな硬さと、辛さが強い。このジンジャーにより、一歩間違えると暑苦しさに感じてしまうくらい、ギリギリを攻めているようなオープニング。

 

ミドルはアロマティック・フゼア。

トップのグレープフルーツやジンジャーに、メタリックグリーンなローズマリーが重ねることで、さらに硬い印象が補強される。この鋭く硬い香りを、セージなどのアロマティックでまとめているような香り。かなりゴリゴリなアロマティック・フゼアで、ムキムキでマッチョな香りだと思う。

その奥から重厚なマリンノートが、筋肉質な香りを爽やかさを与えている。

 

ベースはアンバー・ムスキー。

力強いアロマティックフゼアに、ドライアンバーやラブダナムが力強さを、アンブロクサン、ムスクなどの深みを加えていく。最後はオゾンのような残香と、アンブロクサンの柔らかさを添えながらドライダウンしていく。

 

持続時間は6時間以上。たくましいフゼアウッディが、しっかりと持続する。

季節を問わない香りで、1年中使用できるのではと感じる。

 

いわゆるメンズフレグランスのド定番、アロマティックフゼアをヴィトン自慢の素材でカスタマイズしたような香り立ち。その自慢の素材は何といってもジンジャーだ。このジンジャーがグレープフルーツやローズマリーと化学反応することで、鋼のような硬さや強さを誇示している。

よくあるフゼアの香りが、まさに鉄の意志を持つ、スーパーソルジャーを彷彿させる、筋骨隆々の香りに生まれ変わった!

 

リマンシテを香りを纏うと、強くなったような気持ちになる。使う機会は少ないが、こういう香りが1本くらいあっても良いのではと感じている。

 

プロテイン、飲んだ仕上げは、リマンシテ。