フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

メゾン フランシス クルジャン:マスキュラン プルリエル

MAISON FRANCIS KURKDJIAN 

MASCULIN PLURIEL(2014年)

調香師:フランシス・クルジャン

おすすめ度:★★★☆☆

画像:公式HP

マスキュラン プルリエルは、カップルフレグランスとしてフェミナン プルリエル(2014年)と同時発売され、メンズフレグランスの定番フゼアを、時代を超えたバージョンとして再解釈したとしている。

ではフゼアを再解釈した香りとはどんな香りなのだろうか。

 

トップはアロマティック・フゼア。

スプレーすると、男らしいすっきりしたラベンダーのアロマティックフゼアと、みずみずしいグレープフルーツが鼻を刺す。とてもクラシカルな要素と、透明度の高いアロマティック感を合わせたアロマティックフゼアの香り。

公式HPを見ると、使用されているプロヴァンス産のラベンダーは、ファインラベンダーとラベンダーアスピックの交配種(ラバンデュラXインターメディア)とあり、その面影をしっかり感じ取れる。そこに梅を思わせる酸味や、ベチバーのスモーキー感も漂わせたオープニング。


ミドルはフゼア・ウッディ。

そんなみずみずしいアロマティックフゼアを残しながら、アロマティックなベチバーや、湿ったパチョリの湿り気が香ってくる。このインドネシア産パチョリの柔らかさが、どこかシプレのようにも感じられる。

その中心に梅のような酸味がフゼアを若々しく整え、さらにアロマティック部分が透明で美しい。奥からはお香のようなウッディが静けさを与えていく。


ベースはウッディ・レザリー。

このあたりで、トップから香りの中心にいた酸味が、ラベンダーとセダーウッドだったのではと気づいてくる。ここで使用されているバージニア産セダーは木の色からレッドセダーと言われるとのことで、少しスパイシーで東洋を思わせる香りだと思う。

その東洋的なフゼアの雰囲気を鼻先に残しながら、アロマティックなベチバー、お香のようなウッディ、ドライなセダー、さらにはレザーのようなパチョリが重なり、静けさを増しながらドライダウンしていく。

 

持続時間は5時間程度。最初はフレッシュなラベンダー。そこから1時間くらいかけてみずみずしさを増し、フゼアを立たせたまま、徐々にウッディやレザーが香りを静かにまとめていく。

 

あまり季節を問わないフゼアウッディの香り。とはいえ、丸みを帯びたフゼアと、アロマティックなウッディのため、夏や冬よりも春や秋の方が合うのではと思う。

 

クラシカルな雰囲気、みずみずしい柔らかさ、静寂なウッディ。とても上品な香りだと思う。そこに酸味やお香のようなキャラクターを添えることで、ユニークなフゼアウッディに仕上げられている。

 

個人的には、スマートな男性の着物姿にとても似合うではと感じている。フゼアのキレ、ウッディの深みの角が抑えられ、どこか洗練されている。そこに和の空気が嫌味なく調和されている。

そう感じてしまうと、使用シーンがかなり制約される。好きな香りではあるのに、なかなか出番の少ない香り。