フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するブログ

ペンハリガン:ルナ

PENHALIGON'S

LUNA(2016年)

調香師:不明

おすすめ度:★★★☆☆

f:id:captain_dora:20210728104438j:plain
f:id:captain_dora:20210728104553j:plain

画像出典:公式HP

 

ここ数年、ペンハリガンでもっとも人気のある香り。発売当初から人気があり、発売直後はどのお店でも品切れしていたほど。


ギリシャ神話の月の女神へのオマージュとして、荘厳な三日月をイメージした、淑やかな月の光が、漆黒の空や水面を照らすような官能的な香りとのこと。

 

美しいリボンが巻かれたボトルをスプレーすると、

トップはシトラス。
すっきりしたレモン、ほろ苦いビターオレンジ、みずみずしいベルガモットを合わせたシトラスミックスの香り。このほろ苦いビターオレンジの甘さの部分が、砂糖のような甘さで、ルナのキャラクターを担っている。レモンのフレッシュ感、そしてビターオレンジの苦みと甘さが、子供の頃、砂糖を塗って食べたグレープフルーツを思い出して、懐かしい気持ちになる。
 
ミドルはフローラル・アロマティック。
そんなシトラスのほろ苦い甘さをしっかり残しながら、ジュニパーベリーのアロマティック感を纏ったローズが香ってくる。このアロマティックローズ部分は、例えばディプティックのロンブルダンローや、最近ではキリアンのローゼスオンアイスが思い浮かぶ。
そこからジャスミンのフローラル感が増し、ジャスミンのインドールとシトラスのほろ苦い甘さが、自然に馴染んていくような香りになっていく。
 
ベースはアロマティック・アンバー。
甘さのあるフローラルと、ジュニパーベリーにバルサムモミが重なることで、キレ感が増したアロマティックウッディの香り。そして、そんなほろ苦いアロマティックな香りを、アンバーグリスやムスクが支えるように、ドライダウンしていく。

持続時間は4時間程度。
はっきりとしたシトラスと、みずみずしいフローラルを合わせた、とても嗜好の良い香りで、春から夏にかけて似合う香りだと思う。
 
可愛らしい甘さのシトラスやフローラルに、アロマティックのみずみずしさを加えた、とても若々しい香りだと感じる。そこにグレープフルーツを思わせるツンとした苦みやアロマティックな冷たさを添えることで、少し生意気な雰囲気があり、この香りを好きな男性はかなり多いのではと思う。
そして可愛らしい甘さに沈むことなく、最後まで苦みやアロマティックの香りを漂わせているあたりに、この月の女神の気の強さが投影されているのではないだろうか。
 

なぜなら月の女神は、ゼウスの息子の中で最もハンサムなエンディミオンと恋におち、その美しい笑顔をいつまでも眺めていられるように彼に永遠の眠りにつかせたとのこと。

なるほど、確かにそういう雰囲気も感じられるような香り。