フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

セルジュ・ルタンス:ニュイ ド セロファン

SERGE LUTENS

NUIT DE CELLOPHANE(2009年)

調香師:クリストファー・シェルドレイク

おすすめ度:★★★☆☆

 

f:id:captain_dora:20210902162320j:plain
f:id:captain_dora:20210902162329j:plain

画像出典:公式HP


金木犀(オスマンサス)の香りが好きで、定期的に手に入れてしまう。

ニュイ ド セロファン(セロファンの夜)は、個性派揃いのセルジュ・ルタンスのなかでも特に嗜好性が高く、とても女性らしいオスマンサスの香りだと感じている。

 

トップはフルーティ・グリーン。

スプレーすると、マンダリンオレンジのすがすがしいジューシーな甘さに、バイオレットのパウダリーなグリーンノートが加わえた、少しコスメティックな香り。奥からピーチやアプリコット、ほんのりミントの清涼感を添えた、みずみずしいオスマンサスの面影が浮き出てくる。

 

ミドルはフローラル・フルーティ。

トップの明るくみずみずしいフルーティな甘さにフローラルが重なることで、オスマンサスの姿がはっきりしてくる。パウダリーなグリーンを纏った、透明感のあるオスマンサスの香り。

上の方は少し酸味のあるジャスミンや可憐なユリにアーモンドのコクを加えた、白さの引き立つホワイトフローラル、下の方はカーネーションのドシッとした香りが、オスマンサスを支えている。

全体的にはバイオレットの硬いパウダリー感が、ふわふわと香るフローラルフルーティの香りをキュッと引き締めているようにも映る。

 

ベースはフローラル・ウッディ。

鼻先にすっきりしたキンモクセイを立たせながら、少しスパイシーなカーネーションや、乾いたセダーウッドを合わせたフローラルウッディが、香り全体を立たせている。最後はやわらかいムスクに包み込まれていくようにドライダウンしていく。

 

フローラルフルーティの香りが2時間くらい、そこからフローラルウッディの硬さを加えて、全体では3~4時間持続する。

 

セロファンの夜という名前なのに、フレッシュなフローラルフルーティの香りなため、春先から秋口まで、夜よりもむしろ午前中に似合うのではと感じる。

 

みずみずしいピーチ、透明感のあるフローラルを立たせながら、ファンデーションのようなきめ細かいパウダリー感で仕上げた、女性らしいオスマンサスの表現。

このニュイドセロファンは、コンセプトもとてもロマンチックで「空気が乾燥した肌寒い秋の夜、星のまたたきと地面の間は甘く透明なかぐわしさで満ちている。この空気全てを包み込んで、あなたに届けたい」、、、そんな香りだ。

星の瞬きや地熱の余韻が感じられる、澄んだ空気をつめ込んだような香りだからこそ、陽射しが暖かい春や、ムンムンと熱気がこもった夏や、日中は汗ばむくらいの暖かさを感じる秋口に、このニュイ ド セロファンの透き通るようなオスマンサスが楽しめるのではないだろうか。