フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ゲラン:グルマン コキャン

GUERLAIN 

GOURMAND COQUIN(2008年)

調香師:クリスティーヌ・ナジェル、オーレリアン・ギシャール

おすすめ度:★★★★★

 

f:id:captain_dora:20210903112621p:plain

画像出典:公式HP

 

エリクシールシャルネルは、現代女性をイメージして創作されたエクスクルーシ ブコレクションで、グルマンコキャンはこのコレクションが登場した最初の3作品のうちの1作にあたる。

 

「いたずら好きな食いしん坊」という名の、セクシーでデリシャスな、意外性を感じさせる香り。

 

トップはスパイシー。

スプレーすると、まず鋭いブラックペッパーの辛みや苦みがツンと鼻を刺す。その背後から広がってくるチョコレートの甘さや芳醇なラムの香りを、ペッパーの苦みがビター甘さに仕立てているようなオープニング。


ミドルはフローラル・スパイシー。

鼻先は香ばしい苦い甘さを漂わせながら、キャンディのような甘さに包まれたローズがフワッと香ってくる。フルーティな酸味が引き立った、ベリーを思わせるローズが、なんともまあ可愛らしいこと!

そのキュートなローズは、後ろからスモークティーの湿った深みに押し上げられることで、トップのブラックペッパーペッパーと重なり、少しずつローズにスパイシー味が帯びてくる。

 

ベースはグルマン・アンバー。

そんなスパイシーやフルーティな酸味を残したまま、甘さを抑えたスモーキーなラムの深みが加わることで、鼻先のスパイシーローズが一気に大人っぽくなる。そしてようやくトップから香っていた、ビターなチョコレートや、パウダリーなカカオの濃厚な甘さがはっきりと感じられてくる。スパイシーなフローラルと、ビターや甘さと絡み合った、とても官能的なグルマンな香りに酔いしれる。

やがて香ばしいバニラビーンズが、上品な甘さやウッディアンバーのような深みを与え、最後はバニラのビーンズ感を漂わせながらドライダウンしていく。

 

スパイシーを効かせた、可愛らしいフルーティなローズが2時間くらい、そこからスパイシーフローラルの酸味を立たせた濃厚ビターな甘さは6時間以上持続する。

 

表層はフレッシュなフルーティローズに包まれているとはいえ、このグルマンコキャンがその能力を発揮させるのは、秋の終りから冬だと思う。

 

(ここからはかなり男性目線の解釈ですが)明らかに異性からの視線を意識したエリクシール シャルネル。そのなかでも、このグルマンコキャンがもっとも官能的で、その濃厚な大人の女性の甘さに吸い寄せられる。

そしてドゥーブルヴァニーユといくつか共通点がある(ゲランでは重ねづけを推奨していた)。ヴァニーユはラム酒のような芳醇なバニラの甘さを味わう香りで、もちろん男性でも付けられる。でもグルマンコキャンは完全に女性のための香りだと思う。

では、その違いはなんだろうか。それはローズとチョコレートだ。

華やかなローズはスパイシーと絡むことで、そのフルーティな酸味を際立たせる。そしてダークなチョコレートはローズと重ねることで、その華やかさが増して、とても官能的になっていく。

でも、その官能的な香りは、バニラの白い甘さやアンバーに包まれることで、なめらかな肌のやわらかさに変わっていく。そしてさっきまでの官能的な甘さは、熱とともにフワッに広がっていく。

グルマンコキャンはセクシーでデリシャス、さらには女性らしい温もりが感じられる香りで、私のなかではキリアンのラブと重なる。

 

残念ながら、エリクシールシャルネルは廃盤になってしまった。9月2日時点で、公式HPからも姿が消えてしまった。

時代によって当然、現代女性のイメージも変わる。

 

天使を演じながらも、時折垣間見せる女らしさが感じる、フローラルロマンチック

抗しがたい魅力をもった運命の女性の香り、シプレーファタル

口紅を塗った唇との濃厚なディープキスをイメージした、フレンチキス。

そしてグルマンコキャン。

イメージにより、液色が濃くなっていく世界観も魅力的だ。

 

はたして、これから先の女性をイメージした香りはどんな香りになるのだろうか。