フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ジョーマローン:ネクタリンブロッサム&ハニー

JO MALONE LONDON

NECTARINE BLOSSOM & HONEY COLOGNE(2005年)

調香師:ジョー・マローン

おすすめ度:★★★☆☆

f:id:captain_dora:20211003090517j:image
画像出典:公式HP

 

ジョーマローン ロンドンのラインナップのなかで、創業者ジョー・マローンが調香した作品にそれほど多くない。なぜなら2006年にジョーマローン ロンドンを去ってしまったから。このネクタリン&ブロッサムが彼女が調香した最後の作品であり、現在でも人気のある香りだ。

 

ロンドン、コベントガーデンの早朝のマーケット。果汁たっぷりのネクタリン、ピーチ、カシス、それに繊細な春の花をアカシアの蜜のノートに溶け込ませた、甘く、明るく、遊び心のある香り。

 

トップはフルーティ・グリーン。

スプレーすると、少し熟したようなやわらかいピーチの甘さ、そしてみずみずしく締まったカシス、さらには乾いた石のような硬いグリーンノートが香る。このグリーンノートは個性的であるが、ナチュラルな雰囲気をうまく醸し出している。

 

ミドルもフルーティ・グリーン。

そのグリーンノートはメタリック感が増して、少しキンキンとうるさくも感じるが、ピーチも酸味やハニーの甘さが負けないくらいしっかり香るため、それほど気にならない。

 

ベースはフルーティ・パウダリー。

やがてグリーンノートの角が取れ、ピーチの甘さがまろやかになっていくことで、青みがかった酸味が引き出され、熟す前のプラムの芯のようなイメージに。それらフルーティの乾いた甘さを、最後はやわらかいパウダリーと調和しながら、上品にまとまっていく。

 

どちらかといえばミドルがなく、トップとベースのみで構成された香り。完熟したピーチにグリーンを効かせた甘さが2時間弱、そこからハニーで補強したピーチの甘さをパウダリーで包んだような香りになり、全体的には4時間くらい持続する。

 

グリーンや酸味が効かせた、春から初夏にぴったりなフルーティの甘い香り。しかし、湿度の高い真夏に使うと、パウダリー感や甘さが増し、少しむせるような重さを感じる。

個人的には春や夏よりも、グリーンの苦味と甘いパウダリー感の組み合わせがどこかスエード的で、秋に使いたくなる香り。

 

じっくり香りをかいでみると、一つ一つの香りが粗削りにも映るが、その全体像は完熟したピーチのキャラクターがしっかりして、一度かぐとしっかり記憶にインプットされる。

とはいえ、ジューシーではない完熟したピーチの甘さ、さらに一歩間違えると青くささとも取れるグリーンを合わせた香りは、好き嫌いが分かれるのではと感じる。

キャッチーなピーチの甘さや酸味、さらにパウダリーな感じが、フレグランスよりも、むしろボディクリームに向いている香りだと思っている。