フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

シャネル:チャンス オータンドゥル オードゥ トワレット

CHANEL

CHANCE EAU TENDRE EDT(2010年)

調香師:ジャック・ポルジュ

おすすめ度:★★★☆☆

f:id:captain_dora:20211118124800j:plain

画像:公式HPより

 

今ではチャンスといえばチャンスオリジナルではなく、このピンクのオータンドゥルになってきている。発売当初は、数あるシャネルの香りのなかで、少しケミカル感(特にグリーン)が強いため、あまりシャネルっぽくないと感じたけれど、今ではとてもシャネルっぽい香りと思えている。

チャンスオータンドゥルはチャンスシリーズ第3弾で、このトワレ、オードゥパルファムともに、日本でもっとも人気のあるフレグランスの一つに挙げられる。

チャンスオリジナル(フルーティ・フローラル・シプレ)と比較しても、フレッシュなフルーティ感がとても若々しい。それでいながら、いやらしさを感じさせない程度の女性らしさ、清潔感、それでいてチープではない香り。バランスと嗜好が良く、使いやすい作品だと思う。

 

トップはシトラス・グリーン。

薄ピンク色の可愛らしい丸いボトルをスプレーすると、フレッシュなグレープフルーツと、まるめろ(クインス)の香り。まるめろはザラッとしたグリーン部分を強調したグリーンアップル調の香りで、背後からバニラのような甘さがふんわり香ってくる。フレッシュでみずみずしいフルーティグリーンと、女性的なバニラの甘さのバランスがとても良い。

 

ミドルはフローラル・フルーティ。

フレッシュフルーティの余韻を残しながら、グリーン部分にすっきりとしたヒヤシンス、さらにはジャスミンが加わることで、一気に女性らしくなる。最初は硬めなヒヤシンスも、時間が経つにつれ、なめらかなパウダリーの印象に変わり、さらにジャスミンやバニラの甘さが強くなることで、女性らしさも増していく。

 

ベースはパウダリー・ムスキー。

パウダリーなフローラルに、バニラやアイリスが加わることで、少しずつ重くなっていく。とはいえ上の方はヒヤシンスのキリッとしたパウダリーが漂っているため、重さや甘さに沈んでいかない。そんなパウダリーフローラルを、クリーミーなムスクが柔らかくまとめながらドライダウンしていく。

 

みずみずしいフルーティグリーンからフローラルの若々しい香りが1時間くらい、そこからすっきりとしたパウダリーな甘さをムスクが包み込むように、最終的には4時間くらい持続する。

 

春から初夏にかけて、この香りを身に付けるだけで、気分も上がるのではと思う。
嫌われにくいフレッシュなフルーティフローラル、でも時間が経つにつれ、女性らしいなめらかさと上品な甘さの奥行きが出てくるような、エレガントな美しさ。唯一の欠点、ややメタリックなヒヤシンスグリーンの硬さも、若々しさや洗練さという色を添えるアクセサリーの1つと考えれば、これはこれで個性なのではと感じる。

 

そして、この甘すぎず、キラキラとしたピンクイメージのフルーティフローラルの香りは、肌よりも髪や服に合いそうで、オータンドゥルのヘアミストが人気なのもうなずける。可愛いだけでなく、洗練された女性のための香り。