フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

メゾン クリスチャン ディオール:グリ ディオール

MAISON CHRISTIAN DIOR

GRIS DIOR(2013年)

調香師:フランソワ・デュマシー

おすすめ度:★★★★☆

f:id:captain_dora:20211118125511j:plain
f:id:captain_dora:20211118125521j:plain

画像:公式HPより

 

グリディオールは元々、ディオールのエクスクルーシブラインのラ コレクシオン プリヴェから、グリモンテーニュとして、2013年に発表された。2017年プリヴェがメゾンクリスチャンディオールとして生まれ変わった際に、グリディオールと名前を変えて残された香りで、グリディオール(ディオールグレー)の方が香りの世界観に合っていると思う。

 

グレーは、クリスチャン・ディオールがこよなく愛し、いまではアイコニックな色として大切にされている。

そしてフランソワ・デュマシーは、ディオールグレーを香りで表現するにあたり、

もしディオール グレーが香水であったとしたら?この際立つグレーは、単に白と黒を混ぜた色ではなく、いくつもの色をブレンドすることで生まれた色です(公式HPより)。

と述べており、グレーに符合する香調としてシプレを選んだ。

結果、グリディオールは、さすがシプレの名香ミスディオールを作り出したディオールに相応しい、非常に完成度の高い現代的なフローラルシプレで、フランソワ・デュマシーの傑作一つだと感じている。

 

トップはシトラス・フローラル。

スプレーすると、ジューシーなベルガモットと、フレッシュなグレープフルーツの間を割ってくるように、スパイシーに包まれたキリッとしたローズが香り立つ。このローズは彩り鮮やかで、サフランを思わせる華やかさと、アーシーなオークモスやパチョリもほどよく感じられる。それらが落ち着いてくると、ベルガモットのみずみずしい甘さがとても心地よく香ってくる。

 

ミドルはフローラル・シプレ。

ここからローズの華やかさが増していくと思いきや、どんどんみずみずしくなっていく。このみずみずしさは何だろうか。

ベルガモットからの流れのジャスミンサンバックのみずみずしさ?

それともオークモスのキリッとした酸味?

とにかく、湿気が滴るようなみずみずしい透明感と、赤さを主張しないスパイシーなローズが調和した、美しくもエレガントな香り。

そして、奥からパチョリの柔らかいシプレが、ローズの存在感を際立たせる。

 

ベースはシプレ・ウッディ。

そんなローズがシプレと合わさることで柔らかくなっていく。反面、シプレを構成するオークモスやパチョリのアーシーな部分が、ローズシプレをグレー色に染めていく。そんなグレーシプレを、サンダルウッドやアンブロクサンがなめらかに仕上げ、最後はパチョリやサンダルウッドの少しパウダリーなウッディ感を漂わせながらドライダウンしていく。

 

フルーティの甘さではなく、みずみずしいローズやサンバックジャスミンを軸にした、美しく透明なフローラルの香りが2時間くらい、そこから透明感がグレー色のシプレウッディに移ろい、最終的には8時間くらい持続する。

 

色彩を抑えた、みずみずしく透明感のある香りで、一年を通して使うことができるけれど、淡いレザーを思わせるグレーなフローラルシプレは、秋冬にとても似合うのではと思う。

 

グリディオールは、パーツそれぞれを眺めてみると、シトラス、スパイシー、フローラルなど決してグレーではない色たち。そこにジャスミンサンバックやオークモスで淡い印象に一次加工し、パチョリで全体をグレー色に染め上げている。特にその中心にいるローズをグレーで表現している点は素晴らしいの一言に尽きる。

 

逆から見れば、グレーな色の中に様々な色が混在しているため、エレガントであり、スタイリッシュでもあり、とても都会的でモダンなイメージが伝わってくる。女性が使えばクール、男性が使えば締まった華やかさがあり、ディオールグレーが見事に表現された傑作だと思う。