フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ザ ディファレント カンパニー:スブリーム バルキス

THE DIFFERENT COMPANY

SUBLIME BALKISS(2008年)

調香師:セリーナ・エレナ

おすすめ度:★★★★☆

 

f:id:captain_dora:20220218124315j:plain
f:id:captain_dora:20220218124534j:plain

画像:公式HP

 

スブリームバルキス(荘厳なバルキスの意)は、旧約聖書に登場するシバの女王(本名はバルキス)を冠したフレグランス。その壮大なネーミングとは裏腹な、ウォータリーなフローラルグリーンの淡いシプレの香り。どこか神秘的で、そして美しい。

 

トップはシトラス・グリーン。

スプレーすると、ベルガモットの爽やかな酸味と、少しメタリックなバイオレットグリーン。そこにカシスのみずみずしいフルーティな甘さを添えた、ウォータリーなシトラスグリーンの香り。

 

ミドルはグリーン・フローラル。

鼻先にはフレッシュなベルガモットグリーンを香らせながら、みずみずしいカシスの硬さに、凛としたミュゲの青さ、さらにはライラックの淡いフローラル甘さを重ねたグリーンフローラルの香り。派手さのないフローラルが、まるでみずみずしい冷たさにコーティングされたような、美しいグリーンフローラルの香り。

そこから、少しずつミュゲの硬さやローズの明るさ、さらにはオゾニックが出てくるものの、ムスクがオゾンの粗を整えている。

 

ベースはフローラル・シプレ。

フローラルグリーンの余韻を残したまま、パチョリやムスクを加えたライトシプレの香りに。ヒースのグリーンアロマティック感がナチュラルなアクセントを加えている。

その淡いフローラルシプレに、カカオのようなビターな甘さを添えながら、ドライダウンしていく。

 

前半の2時間はウォータリーなフローラルグリーン。後半はヒースのアロマティックなグリーンを立たせながら、なめらかなフローラルシプレの香りとなり、全体では4~5時間持続する。

 

春にとても似合う香り。トップからミドルの香りは、爽やかな緑色の風、カシスのみずみずしい青さ、そしてウォーラリーなフローラル。どの部分を取っても春を思い浮かべる。

 

でも、そこから評価が分かれるのでは。オゾンの重さや、ヒースのアロマティック感が時間の経過とともに重く暗くなっていき、それらを淡いシプレやムスクでマイルドに仕上げているが、どちらかといえばメンズ寄りの香りだと思う。また湿気と相性が悪いため、夏だとベースがより沈んで感じるかもしれない。

 

シバの女王バルキスの香りは、フレッシュやシトラスとグリーンを添えた、ウォータリーなフローラルのみずみずしさを楽しめ、特に4~5月にかけて無性に恋しくなるような、長年愛用している春の香り。