フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

フレデリック・マル:ゼラニウム プール ムッシュー

FREDERIC MALLE

GERANIUM POUR MONSIEUR(2009年)

調香師:ドミニク・ロピオン

おすすめ度:★★★☆☆

 

f:id:captain_dora:20220131144152j:plain
f:id:captain_dora:20220131142227j:plain

画像:公式HP

 

ゼラニウムは、アロマティックな香りでありながら、ローズ調の華やかさやスパイシーのような辛さを併せ持ったメンズフレグランスには欠かせない素材で、特にメンズの代表的な香調フゼアのキーノートでもある。

フレデリック・マルのゼラニウム プール ムッシュー(男のゼラニウム)は、そんなゼラニウムをメインテーマとした作品で、中国産ゼラニウムが良くいえば縦横無尽に活躍する、悪くいえばかなり酷使されている香り。ここまでゼラニウムが働かされている香りはそうそうないのではと感じている。

 

トップはミント・スパイシー。

スプレーした瞬間、強いミントの香りが鼻を刺す。まるでガムのようなペパーミント。このミントにアニスの冷たいスパイシー感が交わっていく、かなり独創的なオープニング。

 

ミドルはアロマティック・スパイシー。

トップのミントやアニスの冷涼感をどんどん拡散させながら、キリッとした装いのアロマティックなゼラニウムが香り立つ。それは歯磨き粉のような清涼感が、濡れた蕾のように硬いゼラニウムと重ねっていく不思議な体験。

そんな清涼感溢れるアロマティックの奥から、クローブの暑めなスパイシーや、仄かにシナモンの辛甘さが漂ってくる。このシナモンにより、ゼラニウムのローズを思わせる華やかな側面もうっすら感じられる。

初めてこの場面に遭遇した時、ほう!そう来る!?と驚いたことを思い出す。クールとホットの両極を、ゼラニウムが力技でまとめ上げているようなイメージ。

 

ベースはウッディ・ムスキー。

ミントアロマティックな清涼感を残しながら、甘さを増したシナモンや、湿っぽいインセンスウッディ感が強くなってくる。ここにスチラックスのレザー調の深みや、ベンゾインのバルサミックな甘さが加わることで、暗く重くなっていくと思いきや、サンダルウッドやムスクが白っぽく色抜きしていく。

いまだにミント感を残しているため、最後はムスクと薄い樹脂系の甘さを合わせたような、どこか石鹸を思わせる香りでドライダウンしていく。

 

前半の冷たいアロマティックが2時間くらいで、そこから湿ったスパイシーウッディムスクの香りが4~5時間持続する。トップのミントがかなり持続すること、また思っている以上にロングラスティングではないことから、どちらかといえばトップからミドル厚めな香りだと思う。全体的な構成は、清涼感溢れるアロマティックに覆われたウッディムスキーの香りで、夏を中心に真冬以外は使えるのではと感じている。

 

他にないキャラクターを持った、マルらしいニッチ全開な香り立ち。

青いベルベットのジャケット、ピンクのストライプのシャツ、カシミアプリントのポケットチーフを着たエキセントリックな英国人をイメージした香りで、これを使いこなすのは相当ハードルが高いのではないだろうか。

 

いかにも渋めなネーミングをはるかに裏切るようなフレッシュなゼラニウムの表現は、従来のクラシックなフゼアフレグランスに替わる、現代的で洗練された香りに仕上げられている。好き嫌いはさておき、抜群のキャラクターが備わっていると感じる。

 

フレデリック・マルはゼラニウム プール ムッシューについて、子供の頃の記憶にある古くて豪華な石鹸を思い出すように開発を始めたとしている。

ドミニク・ロピオンとともに、ゼラニウムをメインテーマに、ゼラニウムの周囲を、男性的なアニスとミントの清楚でピュアな香りで囲み、そこに新たなテクノロジーで強化されたナチュラルな香りを含ませることで、天然とデジタルを融合させた新時代のフレグランスと呼んでいる。

 

そして、このゼラニウム プール ムッシューでの取り組みを経て、あの傑作ポートレイト オブ ア レディーが誕生することになる。