フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ペンハリガン:ジュニパー スリング

PENHALIGON'S

JUNIPER SLING(2011年)

調香師:オリビエ・クリスプ

おすすめ度:★★★☆☆

f:id:captain_dora:20220324103927j:plain

画像:公式HP

 

ジュニパースリングは、ジンのカクテルに着想を得た遊び心の溢れるフレグランス。カルテルの香りを楽しみながら、遊びでは終わらせずに、フレグランスとしてしっかり作り込まれている作品だと思う。

 

トップはアロマティック・スパイシー。

スプレーすると、アンジャリカのキリッと硬いグリーンを、みずみずしいジュニパーベリーが包み込み、オレンジの明るさをほんのり添えた香り。ドライジンを思わせる、この爽快でシャープな刺激がとにかく心地良く、忘れがたい余韻を残す。

 

ミドルはスパイシー・ウッディ。

鼻先にアンジェリカのグリーンや、ブラックペッパーの刺激やカルダモンの冷涼感をを立たせつつ、ジュニパーベリーのみずみずしさにシナモンのクセのある甘さを添えた香り。

やがて、松やにも似た埃っぽいウッディが鼻先のグリーンやスパイシーと調和することで、どこか森林を思わせる香りを立たせ、さらに奥からは籠ったレザーが全体を柔らかく包み込んでいく。

 

ベースはウッディ・スイート。

ほんのりジンの硬さを漂わせた、アロマティックなベチバーや籠ったレザーの香り。そこに力強いドライアンバーやチェリーのような甘さを加えることで、マイルドなジンライムを思わせる香りに。甘さが抜けていき、最後はウッディムスクの香りでドライダウンしていく。

 

ドライジンを思わせるキレのある香りから、みずみずしいスパイシーやほのかなウッディの香ばしさを1時間くらい楽しみ、酒の余韻を含んだウッディの香りが3~4時間持続する。

 

硬いグリーンや、みずみずしさ、冷たさを帯びた、春夏に似合うアロマティックスパイシーの香り。ベース部分が少しこもっているため、春の方がよりキレイに香るのではと感じる。

 

遊び心のあるジンの爽快感や、まるで森林で癒されるような心地よさ、カクテルのような甘さを味わいつつも、全体はスパイシーやウッディで締めているため、ビジネスシーンでもとても使いやすい。遊び心と、どこか襟を正したような雰囲気が上手く調和した香りだと思う。

肌に乗せてみると、トップやミドルはスパイシーが鋭く、少し暴れる。でも、そういう要素を残しながら、全体はペンハリガンらしいカチッとしている。

難を言えば、前半のやんちゃパートと、後半の紳士パートのギャップが大きいため、通しで好きというよりも、前半が好き、いや後半が好きといった具合に、好みが分かれてしまうのではと感じる。

私の場合、スプレーしてからの30分間をこよなく愛している。