フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

キリアン:リエゾン ダンジェルーズ ティピカル ミー

KILIAN

LIAISONS DANGEREUSES typical me(2007年)

調香師:カリス・ベッカー

おすすめ度:★★★★☆

 

f:id:captain_dora:20220218113430j:plain

画像:公式HP

 

リエゾン ダンジェルーズはコデルロス・ド・ラクロの小説「危険な関係」(読んだことなし)からインスパイアされた香りとされており、ティピカル ミー(私らしい)という副題が添えられている。

 

元々「ルーブルノワール」コレクションとして発売された作品であり、現在では「THE NARCOTICS(麻薬)」コレクションになっている。


果たして、秘密の恋愛、そして危険な関係とはどんな香りなのだろうか。

 

トップはフルーティ・グリーン。

スプレーすると、ピーチの柔らかい甘さとプラムを酸味を、カシスがみずみずしく引き締めているような香り。キリアン(というよりカリス・ベッカー)が得意とする、ピーチの表情の素晴らしさに鼻を鷲掴みされるようなオープニング。


ミドルはフルーティ・フローラル。

蕾のようなカシスの青い硬さや、プラムの酸味に包まれたピーチの甘さに、ココナッツの白さを加えながら、ジャーミーなローズと調和していく。ローズやプラムの弾けるような酸味や甘さ、さらには鼻先をつんつん突く硬さがとても若々しく映る。

ローズジャムはみずみずしい甘さを香らせながら、ローズの華やかさに進むことなく、アロマティックなゼラニウムやなめらかなアンブレッドシードの白さを合わさることで、透き通ったような透明感や白さが増していく。そこにシナモンがほんのりクセを与え、少し大人びた表情を覗かせていく。


ベースはフローラル・ムスク。

みずみずしいピーチ色のローズジャムの甘さをしっかり残しながら、ムスクやサンダルウッドが柔らかく包み込んでいく。ローズはバニラの甘さを添えながらも、アロマティックなベチバーやオークモスが硬さを与えていくため、グルマン甘さに沈んでいかず、みずみずしさや透明感をキープしている。最後はジャミーな甘さよりも酸味が前に出したローズに、柔らかさや白さを加えながらドライダウンしていく。


みずみずしいフルーティの甘さや酸味を、透明感溢れるフローラルが包み込むフルーティフローラルの香り。甘さが乾いたり、重く沈んでいくことなく、6時間近く持続する。


季節を問わずにフレッシュなフルーティローズを楽しめる香り。フルーティなローズの甘さに、プラムがみずみずしい酸味を与え、ゼラニウムがアロマティックな透明感を与えることで、初々しさ若々しさが、溢れ出す。そう考えると春にもっとも似合うのではと感じる。

 

なぜキリアンは「危険な関係」からインスパイアされた香りを、このようなみずみずしいピーチローズの香りに託したのだろうか。

キーワードはプラム、そしてココナッツが握っている。

 

まだ硬さの残るカシスピーチから、ジャミーなローズやアロマティックなゼラニウムが広がることで、エレガントな女性らしさが強くなっていく。そんななか、プラムの酸っぱい甘さやココナッツのクリーミーな甘さからは、まるで少女のような無邪気さを感じる。この大人らしさと、大人らしさから溢れ出す少女らしさとのギャップ。グッドガールゴーンバッド(GGGB)にも相通じるキリアンの真骨頂だと思う。

 

リエゾンダイジェリーズは、カリス・ベッカーが織りなす、滴るようなピーチの表現と、GGGBのどこか退廃的な雰囲気を併せ持った香り。もしろGGGBよりもフルーティなみずみずしい甘さが強い分、より危険な香りとも言えるかもしれない。

 

小説「危険な関係」は今から200年以上も前の1782年に書かれた、貴族社会の道徳的退廃と風紀の乱れを175通の手紙で構成された書簡体小説で、その恋の駆け引きの描写は本格的な心理戦の域まで達しており、現代でも映画化、舞台化されているとのこと(ウィキペディアより)。

 

危険だと分かっていても、その恋の駆け引きにのめり込み、気がつくと溺れている。この心情は過去も今も、そしてこれからも変わることがないのではと。