フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ピュアディスタンス:ホワイト

PUREDISTANCE

WHITE(2015年)

調香師:アントワーヌ・リー

おすすめ度:★★★★★

 

f:id:captain_dora:20211029144436j:plain

画像:公式HPより

 

ピュアディスタンスのホワイトは最愛の人に贈る香り。いつでも幸福な香りに包まれてほしいという想いと、そして幸福な人生を送ってほしいとの願いを込めて。

 

それもそのはず、ホワイトの次のような思いから誕生した作品。

ピュアディスタンス ホワイトは、つけた瞬間溢れる幸福感に包まれる、そんな非常に美しくポジティブな香りを作りたい、という私たちの思いから生まれました。名調香師、アントワーヌ・リーに、過酷な現実から瞬時に逃避できる手だてをー白と黄金に輝く夢を作ってくれるよう、私たちは依頼しました。(公式HPより)

ホワイトはつけた瞬間、あなたを溢れる幸福感で包みこむ香り。

 

トップはフローラル・フルーティ。

スプレーすると清々しいベルガモットと、華やかなローズの香り。ベルガモットにペアやグリーンアップルを添えることで、みずみずしさや爽やかさが増し、この明るいローズが、嗅覚を心地よく刺激するようなオープニング。

 

ミドルはフローラル・ムスキー。

表層ではフレッシュなローズが輝きを増し、奥から香り立つムスクと調和することで、白イメージのローズの香りにまとまっていく。まったく奇をてらっていない、このトップからミドルにかけての美しい香りの流れは、その香りに触れた人を幸せな気持ちにさせてくれるようだ。例えば、そのままムスクにまとめていったとしても、フレッシュなホワイトローズのフレグランスとしてのストーリーが成り立つのではと思う。

でも、ホワイトの香りはここからが本番だ。濃厚な甘さを増したローズに、柔らかいムスクやオリスルートがローズの煌びやかさを柔らかく包み込んでいく。溢れるような輝きを、ウエディングドレスで上品に着飾ったようなイメージに映る。そこからローズのフルーティな酸味に、トンカビーンの甘さがクリーミーなトーンに整えていく。

 

ベースはウッディ・ムスキー。

やがて、ムスクやオリスルートと調和したホワイトローズに、ベチバーやサンダルウッドが奥行きを与える。うっすらとパチョリも香ることで、華やかなローズの側面も引き立てている。

最後は、ローズのフルーティな残香に、ムスク、サンダルウッド、さらにトンカビーンのまろやかな甘さと、パチョリの少しビター感を仄かに香らせながらドライダウンしていく。

 

持続時間は、ミドルのローズを主体としたキラキラ輝いた香りまでが2時間くらい、ベースのムスクとウッディを主体とした生成りのような淡い香りは丸一日持続する。

賦香率が38%と圧倒的に高いため、最後の最後まで香りが崩れることなく、ホワイトの世界観を楽しむことができる。

 

どんなシーンでもホワイトゴールドのような輝きや、クリーミーな柔らかさで包まれたように演出するため、あまり季節を問わない香り。

 

ホワイトの主演は何といっても、フランス産ローズドメイだと思う。

トップの刺すような華やかな表情をフレッシュなフルーティで整え、ベースの酸味をクリーミーな甘さで仕上げている。そしてメインとなるミドルは、ムスクと調和させることで輝くようなホワイトイメージの香りが創られている。

特にフレッシュなローズを、柔らかな白いローズが包み込んで行く過程は絶品で、幸せな気持ちに包まれる。

そしてクラシカルな香りが加わることで、最後は落ち着いたゴールドな印象に移り変わっていく。

 

香調はいたってシンプルで、ローズドメイを筆頭に、ベルガモット、オリスルート、サンダルウッド、トンカビーンなど、ひとつひとつの素材をはっきりと感じることができる。そのひとつひとつの素材に身を委ね、その余韻に浸っていくような美しい香り。
嗜好も良く、高級感もあり、季節や性別も問わない、完璧なフレグランスだと感じる。

 

例えば、ゲランのローズナクレデュ デゼールの、黒いサテンをバックにローズの華やかさを引き立たせた香りとは対照的。
また、私にとって白いイメージの最高傑作、シャネルのジャージーと比較すると、ジャージーの白いシャツのような清潔感のあるキリッとした白さに対して、このホワイトは包み込むようなゴールド色の輝きが感じられる。

 

ホワイトは幸せなシーンをそのまま切り取ったような香りで、その香りに触れるたび、ハワイで挙げた結婚式を思い出す。

モアナサーフライダーのエントランス、鮮やかな青空、海、砂浜、そして青々とした芝生を背景に、純白のウエディングドレスが太陽の光と乱反射して金色に輝く。そして、義母の笑顔を思い出す。
記憶の断片では、まるでその周辺が幸せのオーラに包まれていたような。

今日は亡き義母の誕生日。天に向かって、ホワイトの香りを振りかけて、そっと祈る。