フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ペンハリガン:マッチ アド アバウト ザ デューク(お騒がせネルソン公爵)

PENHALIGON'S PORTRAITS COLLECTION

MUCH ADO ABOUT THE DUKE EDP(2016年)

調香師:ダフネ・ブジェ

おすすめ度:★★★★☆

 

f:id:captain_dora:20211101180222j:plain

画像:公式HPより

 

2016年に発売されたペンハリガンのポートレートは、イギリスの上流階級の秘密、ウィット、人間関係、ユーモア、刺激的なエッセンスを持って表現したフレグランスコレクション。ボトルキャップは、各キャラクターのイメージからインスピレーションを受けた動物になっている。

そしてこのマッチ アド アバウト ザ デュークは、華やかなローズを感じながら、英国紳士を思わせるマスキュリンな印象も携えた香りに仕上げられている。

 

トップはスパイシー。
スプレーすると、刺すようなブラックペッパーの香ばしい苦みと、ジンの鋭いアロマティック感の狭間を、華やかなローズがフワッと香ってくる。
 
ミドルはフローラル・ウッディ。
そのブラックペッパーにドライなセダーを絡ませた鋭いウッディと、みずみずしくも硬さのあるジンで包まれたローズが衝突していく。
少しずつローズの存在感が増していくことで、苦いスパイシーウッディが、逆にピリッと辛みのある男らしいアクセントとして、ローズの華やかさを引き締めているような香りに。
 
ベースはフローラル・ウッディ。
香調は大きく変化することなく、ローズがピリッしたスパイシーウッディとキレイに調和することで、キリッとした辛さと華やかな甘さを併せ持った、とても男らしいローズとして仕上がっていく。
背後からレザー調の湿ったウッディやムスクを香ることで、ツーンとしたローズを柔らかくまとめながらドライダウンしていく。
 
持続時間は5時間程度。最初の30分はペッパー全開で、焦げくさい苦みがツーンと鼻を刺激するものの、2時間くらい経つとローズが前に出ることでビターなウッディを呑み込み、最後はローズウッディをレザーの丸みで整えていく。ローズの香りは最後まで残っている。
 
秋冬に似合うローズの香り。ローズ単体で見ると華やかで綺麗な香り立ち。そこにペッパーを効かせたウッディが、どことなく男らしくも色気をある雰囲気を醸し出している。
 
マッチ アド アバウト ザ デュークのキャラクターは犬、天真爛漫でフレンドリー。香りを一言でいえば、本人はその気がなくても、湧き上がる華やかな魅力を隠しきれていないようなイメージ。

公爵がうっとりするほど魅力的なのは、毎晩劇場に通っているからかもしれません。

公爵はどこに行っても憧れの的。しかし、驚くほど態度が曖昧で、彼の周りにはいつも謎めいた香りがただよっています(公式HPより)

そして彼の妻(ローズ公爵夫人=ザ コヴェテッド デュシェス ローズ)は、そんな夫にやきもきしている。

 

そう考えるとこのネルソン公爵は、男性視点からみれば、かなり優秀なローズの香りではないだろうか。

華のある香りであるにもかかわらず、それをひけらかすわけでもなく、むしろ隠そうとしているようにも映る。自然体の魅力。実際、こういう香りはとても使いやすい。

ただし、トップの野性味溢れるペッパーが嫌いでなければ。

 

ところで、このネルソン公爵は、ルラボのローズ31に似ているといわれている。

同じく、スパイシーやウッディの効いた、甘さのないローズの香り。カフェローズのような棘感のないローズで、まるで体臭のように肌にもなじみやすい香り。さらに調香師も同じ。
確かにトップの雰囲気は似ている。ローズ31の方がスパイシーの表現が強く多彩で、ローズの華やかな印象が薄い。ネルソン公爵は体臭そのものが華やかなのに対し、ローズ31は体臭をローズの香りで着飾ったような香り。似て非なる作品だと思う。