フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ディプティック:ロンブル ダン ロー

DIPTYQUE

L'OMBRE DANS L'EAU EAU DE TOILETTE(1983年)

調香師:セルジュ・カルギーヌ

おすすめ度:★★★☆☆

f:id:captain_dora:20211105115559p:plain
f:id:captain_dora:20211105115608p:plain

画像:公式HPより

 

ロンブルダンローはディプティックの代表作であり、一度かぐと忘れられないような強い残像を残す。

摘んだばかりのローズとカシスの実の香り、カシスの葉の植物的なグリーン、蕾が発する酸味のあるフルーティーなアクセント、ローズの力強さ。自然を捉えたスナップショットが感じられる香りとのこと。

かれこれ5年ほど前、初めてディプティック青山店に訪れた際、ひと際目を引いたのはフレグランスではなく、砂時計型のルームディフューザーだった。それらルームフレグランスを試香しているなかで、もっとも気に入ったのは「BAIES(ベ)」で、ローズとみずみずしいカシスの香りが心地よく、同じ香りのフレグランスのこのロンブルダンローを購入した。

ロンブルダンローとは「水に映った影」を意味する名前で、ボトルのラベル裏面には、このイメージに合わせたイラストが描かれている。

 

トップはグリーン・フルーティ。

スプレーすると、リーフグリーンが鼻を刺激してくる。青草をすり潰したようなグリーン。でも、すぐに真っ赤なカシスが香り、この青臭いグリーンと調和することで、若々しいカシスグリーンで落ち着いていく。

 

ミドルはフルーティ・フローラル。

キリッとしたカシスのフルーティな赤い甘さに、少しグリーンを効かせたローズの香ってくる。このローズにカシスの葉のグリーンを加えることで、キリッとしながらも甘さのある、ナチュラルなローズの香りに仕上げられている。

 

ベースはグリーンムスキー。

フルーティなローズに、キーン冷たいとグリーンを効かせながら、最後はなめらかなムスクやアンバーを加え、どのままドライダウンしていく。

 

強いグリーンとローズの中間にカシスの実と葉を配置した、とてもキャッチーな香り。この赤さと青さが特に春に映えると思う。

 

持続時間は3時間程度。もし、もう少し長く香らせたいならば、同じ香りのオードパルファンが良いかもしれない。


ロンブルダンローはムエットだと、カシスローズの真っ赤な甘さと、グリーン冷たさやみずみずしさを楽しむことができる。

しかし、肌に乗せると決まって、キャンディーを思わせるカシスのフルーティな甘さがベタっと立ってしまい、爽やかなグリーンが飲まれてしまう。

こういうキリッとしたカシスは好き、さらに真っ赤なカシスは好き、でもカシスの甘さは嫌いということで、カシスの青さを求めるときはブラックベリー&ベイを、カシスの赤さを着飾りたいときはルージュトラファルガーを使うようになってから、このロンブルダンローの出番はなくなった。
でも、この青いカシスグリーンと赤いカシスローズの組み合わせはとても好きで、BAIESのキャンドルはとても良く使う。そう考えると、この香りは、ルームフレグランスがもっとも輝くのではとも感じてしまう。