フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

トムフォード:ビター ピーチ

TOM FORD

BITTER PEACH(2020年)

調香師:不明

おすすめ度:★★☆☆☆

f:id:captain_dora:20210717091230j:plain
f:id:captain_dora:20210717091245j:plain

(公式HPより)

 

ビターピーチの香りに騙されてはいけない。

なぜなら、ピーチらしい香りは最初の30分だけで、残り何時間はビターなウッディの香りが延々と続くから。

そして、この最初のピーチがとにかく素晴らしい香りだから困ってしまう。最初のピーチをかぎたい一心でスプレーすると、最後は重厚で濃厚な甘いウッディに蹂躙される。もはやビターピーチではなくビターウッディのような香りだと思う。

 

トップはフルーティ・スパイシー。

スプレーすると、まるでもぎ立ててすぐのみずみずしさや酸味が伝わってくるような素晴らしいピーチの香り。果汁感、果肉感、甘さが伝わってくるような、今までのピーチとは異質な表現に我を忘れる。

鼻先をついてくる、カルダモンの鋭い青さ、ダバナのアロマティック感、さらにはオレンジの甘さが、ピーチのしずる感を鮮明にしている。非の打ち所がない完璧な5分。

 

ミドルはフルーティ・アロマティック。

鼻先のフレッシュスパイシーなピーチに、ラムやダバナのとろけるようなアロマティック感が加わり、さらに奥からは立ち込めるバニラやパチョリの深い甘さが重なることで、ピーチが底の方からどんどんビターになっていく。

アロマティックなピーチと、非常に甘く重い香りの二重構造。ここまでが30分少々。

 

ベースはウッディ・バルサミック。

そこから、みずみずしさが一気に失われていく。

もはやピーチの香りは消え、ラムやダバナのフレッシュなアロマティック感で何とかピーチの残像を留めるものの、この香りだけにかいでも、ああピーチの香りと答えられる人はどれだけいるのだろうか。

そんなピーチの残像を、奥から甘く重いウッディがどんどんビターに染め上げていく。

暗く湿ったパチョリやサンダルウッドの深みを、カシュメランのウッディアンバー調がカビくさい御香のように仕上げていく。一方で、バニラやトンカビーンの甘さがウッデイアンバーに負けないように甘さを増していく。

最後はなめらかなスチラックスやラブダナムが、サンダルウッドやパチョリに溶け込んでいくようにゆっくりとダライダウンしていく。このウッディバルサミックの香りが8時間くらい持続する。

 

このビターピーチはよくよくかいでみると、ほぼミドルのない、思いきった構成なことに気づく。

ミドルの洋酒のアロマティック感は、それ自体が香ってくるというよりと、トップのピーチにみずみずしさを与え、さらにはピーチを装って、ベースのビターな甘さに繋げているような役割に感じる。

確かにムエットだとそのように香る。でも肌に乗せるとトップのピーチやミドルのアロマティックは、あっという間にベースに飲み込まれてしまう。

 

トムフォードはビターピーチについて「甘美な、肌にまとわりつくようなセンシュアリティがある。熟しきって濃厚な味わいの果物のように、それは生来エロティックな香りなんだ」と語っている。

 

トムフォードらしい感性だと思う。

つまり、トムフォードの言うところの(熟したではなく)熟しきった濃厚な甘さが好きならば、このビターピーチの香りはありなのかもしれない。

でも、私のように、トップのあのピーチに魅せられたのであれば、熟しきり過ぎだよ!と感じるのではないだろうか。

正直、こういう結果になることは分かっていた。それでもトップのあのピーチが忘れられなくて、30ミリが出たタイミングで買ってしまうくらい魅惑的な香り。
 
買ってから、肌に乗せたのは一度しかない。最高なピーチの香りが、階段を転げ落ちるがごとく、醜くなっていく過程が悲しかったから。
 
今日もムエットでビターピーチの香りを鑑賞する。

そう、私はトムフォードの罠にはまった1人だ。