フレグランスアッセンブル

フレグランスの香りの詳細を解析するサイト

ルイ・ヴィトン:クール バタン

LOUIS VUITTON

CŒUR BATTANT(2019年)

調香師:ジャック・キャヴァリエ

おすすめ度:★★★☆☆

 

f:id:captain_dora:20210914092125j:plain
f:id:captain_dora:20210914092132j:plain

画像出典:公式HP

 

クールバタンとは「高鳴る鼓動」の意で、レ パルファム ルイヴィトンの10作品目にあたる。

「高鳴る鼓動」を官能的でラグジュアリーな洋梨(ペア)で表現した香り。

 

トップはフルーティ・アクアティック。

スプレーすると、甘さを抑えたペアのグリーンが香ってくる。一瞬、ベースのパチョリを思わせる香りが、ペアのグリーン部分を焦がしたようにも感じられる。焦がした感じはすぐに収まり、今度は水っぽいアクアの香りに包まれたペアの香りになる。

良く知っているフルーティなペアとは違う、アロマティックで甘さを抑えたペアは、どこか大人っぽい印象を受ける。

 

ミドルはフローラル・フルーティ。

鼻先はアクアティックでビターなペアを残しながら、まずイランイランが顔を出してくる。このイランイランがペアより前に出てこないため、ペアに果実のような艶を与えている。

ようやく、エジプト産のジャスミンがペアの前に出てくることで、みずみずしくもかなり官能的なフローラルの甘さと重なった、フローラルフルーティとしてまとまっていく。

その奥から、ナルシスの深みの甘さとパチョリを合わせた、レザーのような雰囲気も感じられる。


ベースはウッディ・アーシー。

ジャスミンペアのみずみずしい甘さの裏に、はっきりとマリンノートが感じられるのに合わせて、奥からアロマティック感の強いパチョリが香ってくる。表参道店でそのマテリアルを実際にかいだ際、とてもアロマティックな色気を感じた、あのパチョリだ。

官能的なジャスミンの甘さをアロマティックウッディで包みながら、オークモスの少し金属的な乾いた感じが、都会的なクールな印象を装っている。

そこからパチョリのアーシーな側面や、アンブロクサンを感じながら、静かにドライダウンしていく。

 

持続時間は4~5時間程度。トップのみずみずしいペアが、時間とともに、官能的な甘さをともなって、どんどん熟していくように変化していく。

 

フルーティやフローラルの弾ける印象はなく、全体的に静かな雰囲気。明るいフルーティが徐々に官能的な甘さを帯びていくような香りで、春・夏・秋の段々と日が陰っていく過程に似合うのではと感じる。

 

クールバタンは、本能的であり、情熱的な女性の魅力を表現するフレグランスとしている。

「高鳴る鼓動」が見事に表現された香りだと思う。その鼓動とはむろん、自分ではない、相手の鼓動だ。

クールバタンの静かな香りは、二人の距離が近づいた時に作用する。近づく前は、みずみずしく艶のあるフルーティな香りがする。ところが接近すると、相手の感情の波が、鼓動の高まりが、そして情熱的な魅力が、官能的な甘さによって伝わってくる。れる感情を言葉や態度で示すのではなく、熱や匂いによって伝えるような香り。でも、感情に溺れることなく、クールで冷静な大人の女性を感じる。

 

男性からみると、フレッシュでありながらセンシュアル、そして、心を惹きつけてやまない魅惑的な香りだと思う。